F1サンパウロGPでは、レッドブルのチームオーダーに関する騒動が大きな話題となった。マックス・フェルスタッペンはファイナルラップに、一度抜いたセルジオ・ペレスにポジションを元に戻すように指示されたが、過去に起きたことを理由にそれを拒否。ペレスの前でフィニッシュしたのだ。

 レッドブルはレース後にふたりと話し合い、この問題に一線を引いたが、そこから数日間のソーシャルメディアはこの話題で持ちきりとなっていた。

 中にはドライバーに対する誹謗中傷も多く見られる事態となったが、レッドブルはアブダビGPを前に声明を発表し、この一件について言及。チームが事前の想定をしておらず「いくつかのミス」を犯したことを認めた。

「残念なことに、マックスは必要な情報をすべて伝えられることなく、最終コーナーでポジションを譲るよう指示された」

「このことにより、常にオープンでフェアなチームプレイヤーであるマックスには対応する時間がほとんどなく、妥協せざるを得ない状況にあった。これは我々の意図とは異なるものであった」

「レース後にマックスと正直に話し合い、両ドライバーは未解決の問題や懸念事項を解決することができた」

「チームはマックスの言い分を聞き入れた。これは個人的な問題であるため非公開とし、これ以上コメントすることはない」

 また声明には、ソーシャルメディア上で起こったドライバーへの攻撃について「容認できない」と記されており、毅然とした態度をとるとしている。

「ネット上でのマックス、チェコ(ペレス)とその家族、チームに対する誹謗中傷はショッキングで悲しいものであり、スポーツとして対処すべき問題である」

「レース界においても社会全体においても、こういったことが許される余地はない。結局のところこれはスポーツであり、我々はレースをするためにここにいる。脅迫や家族に対する罵詈雑言は嘆かわしいことだ」

「我々は包括性を重視し、誰もが安全に働いてレースを楽しめる空間を望んでいる。こういった暴言は慎む必要がある」