アルファタウリの角田裕毅は、2022年のF1最終戦アブダビGPを入賞まであと一歩と迫る11位でフィニッシュ。これで角田は、今季の獲得ポイント12、ランキング17位でシーズンを終えたことになる。

 アブダビでは非常に力強い戦いを見せた角田。予選ではチームメイトのピエール・ガスリーがQ1敗退を喫する中、角田はQ3進出まであと一歩と迫る12番手。決勝でも、終始入賞圏内を争った。

 角田はミディアムタイヤを履いた第1スティントでも、ハードタイヤを履いた第2スティントでも、入賞したダニエル・リカルド(マクラーレン)やセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)とほとんど同じペースで走っていた。しかし角田とアルファタウリは、異なる戦略に打って出たのだった。

 リカルドとベッテルは、1ストップで走り切ったのに対し、角田は2ストップを選択。つまり角田は、ピットストップ1回分のロスタイムを、コース上で走って稼がなければならなかったわけだが、それは叶わなかった。その原因は、ソフトタイヤのパフォーマンスと、アルファタウリの週末全体の戦略にあった。