F1最終戦アブダビGPが行なわれたばかりのヤス・マリーナ・サーキットでは、レースウィーク明けの火曜日からポストシーズンテストが行なわれる。これは今季最後の公式テストであり、各チームが2023年に向けた有益な準備を進めることになるだろう。

 このテストは新人ドライバーや新加入ドライバーにとっても貴重な機会となる。シート合わせをしたり、各種システムについて時間をかけて理解することができるからだ。そしてチームにとっては、来季から加入するドライバーが一足早く合流することで、ペダルの配置やステアリングのボタン配置など、来季に向けたフィードバックを受けられるわけだ。特に2023年のプレシーズンテストはバーレーンでの3日間しか行なわれない予定となっているため、アブダビでの走行機会は例年よりも重要となる。

 今回のテストでは、フェルナンド・アロンソを筆頭に来季の移籍先チームでテストに参加するドライバーが複数いる。彼らは基本的に現所属チームと年末までの契約を結んでいるため、移籍先チームからテストに参加するためには1日のレンタルという形で許可を得なければならない。

 実際、今季アルピーヌのマシンを走らせたアロンソは、正式にアストンマーチンのドライバーとなるのは2023年1月1日からとなっているため、テストには全身黒のレーシングスーツで参加する。

 なおアストンマーチンからはランス・ストロールの他、今季のF2王者であるフェリペ・ドルゴビッチが参加予定だ。

 来季アルピーヌに移籍するピエール・ガスリーも、いち早くアルピーヌのマシンを走らせる。共に走行するのはアルピーヌ育成ドライバーのジャック・ドゥーハンだ。そしてガスリーの後任としてアルファタウリに加入することが決まったニック・デ・フリーズも、メルセデスの許可を得た上でアルファタウリのマシンに乗り込む。

 契約騒動で一躍時の人となったオスカー・ピアストリも、今回のテストがマクラーレンのドライバーとしての初仕事となる。彼はアルピーヌの育成ドライバーとして何度かアルピーヌのF1マシンをドライブしてきたが、契約騒動によって走行機会を失ったため、久々のF1ドライブとなる。またハースも来季のレギュラードライバーであるニコ・ヒュルケンベルグを乗せることになる。

 さらにウイリアムズも、来季からデビューすることが正式に決まったローガン・サージェントを起用する。サージェントは先日アブダビで行なわれたFIA F2でスーパーライセンスの発給条件をクリアし、晴れてF1デビューが決まったばかりだ。彼はアルピーヌの協力も得て今後プライベートテストで旧型F1マシンを走らせる予定となっている。

 その他、F1予備軍の若手ドライバーが多くラインアップされている今回のポストシーズンテスト。各チームは2台のマシンを走らせるが、その内1台はレースドライバーが走らせ、もう1台をF1出走2戦未満の若手ドライバーが走らせることになる。

2022F1アブダビポストシーズンテスト:ドライバーラインアップ

レッドブル:セルジオ・ペレス(AM)、マックス・フェルスタッペン(PM)/リアム・ローソン
フェラーリ:カルロス・サインツJr.(AM)、シャルル・ルクレール(PM)/ロバート・シュバルツマン
メルセデス:ジョージ・ラッセル(AM)、ルイス・ハミルトン(PM)/フレデリック・ベスティ
アルピーヌ:ピエール・ガスリー/ジャック・ドゥーハン
マクラーレン:ランド・ノリス/オスカー・ピアストリ
アルファロメオ:バルテリ・ボッタス/テオ・プルシェール
アストンマーチン:フェルナンド・アロンソ、ランス・ストロール/フェリペ・ドルゴビッチ
ハース:ニコ・ヒュルケンベルグ/ピエトロ・フィッティパルディ
アルファタウリ:角田裕毅/ニック・デ・フリーズ
ウイリアムズ:アレクサンダー・アルボン/ローガン・サージェント