2022年のF1最終戦アブダビGPから中1日、ヤス・マリーナ・サーキットでは、ピレリの2023年仕様タイヤを試すポストシーズンテストが行なわれている。

 このテストは、各チームが2台のマシンを走らせる予定で、1台にはレースドライバーが、もう1台には若手ドライバーが乗り込むことになっている。なおレースドライバーは10セット、若手ドライバーは8セットのタイヤを使用可能だ。

 今回持ち込まれているタイヤは2023年仕様で、コンパウンドこそ今季と同じだが、構造が新しくなっている。

 このテストでは、来季チームを移籍することが決まっているドライバーたちが、ひと足早く新しい所属チームのマシンを走らせている。

 一昨日まではアルピーヌのマシンを走らせていたフェルナンド・アロンソは、無地のレーシングスーツに迷彩柄のヘルメットを被り、アストンマーチンのマシンに乗り込んだ。このアストンマーチンのマシンからはスポンサーロゴが外されていたが、真っ先にコースインした。

 またアロンソの後任としてアルピーヌに加入するピエール・ガスリーも、無地のレーシングスーツを着てテストに参加。月曜日にはシート合わせをしている様子も発信された。また、ガスリーの後任としてアルファタウリに加入するニック・デ・フリーズは、日曜日の夜に今季までリザーブドライバーを務めていたメルセデスのメカニックたちによって”丁重に”アルファタウリのピットに届けられ、このポストシーズンテストでアルファタウリのマシンを走らせる。

 マクラーレンとアルピーヌの間で、契約をめぐる問題が生じ一時注目の的となったオスカー・ピアストリも、マクラーレンのマシンを走らせている。ピアストリは、マクラーレン加入が決まった後はF1マシンで走るチャンスを手にできていなかったが、今回が久々の走行機会となった。

 ミック・シューマッハーの後任としてハースに加入することが決まったニコ・ヒュルケンベルグも、これがハースデビューとなる。

 2022年はFIA F2を戦い、ランキング9位となったフレデリック・ベスティは、メルセデスのマシンをドライブ。ベスティは今回唯一F1セッションデビューを果たすドライバーである。

 この日の走行は現地時間の午前9時から午後6時まで行なわれる。

 F1アブダビポストシーズンテストの走行ドライバーのラインアップは、以下の通りである。

レッドブル:セルジオ・ペレス(AM)、マックス・フェルスタッペン(PM)/リアム・ローソン
フェラーリ:シャルル・ルクレール(AM)、カルロス・サインツJr.(PM)/ロバート・シュバルツマン
メルセデス:ジョージ・ラッセル(AM)、ルイス・ハミルトン(PM)/フレデリック・ベスティ
アルピーヌ:ピエール・ガスリー/ジャック・ドゥーハン
マクラーレン:ランド・ノリス/オスカー・ピアストリ
アルファロメオ:バルテリ・ボッタス/テオ・プルシェール
アストンマーチン:フェルナンド・アロンソ、ランス・ストロール(この日の終盤のみ)/フェリペ・ドルゴビッチ
ハース:ニコ・ヒュルケンベルグ/ピエトロ・フィッティパルディ
アルファタウリ:角田裕毅/ニック・デ・フリーズ
ウイリアムズ:アレクサンダー・アルボン/ローガン・サージェント