今季限りでマクラーレンを離れたダニエル・リカルドは、2024年のF1参戦を目指すため、2023年は古巣レッドブルにサードドライバーとして復帰。リザーブやテスト、プロモーションランを含む役割を果たすことになる。

 アブダビGPの週末には、リカルドは「レースから離れる時間が欲しかった」とシートを積極的に探さなかった理由について明かしていた。

 しかし、母国オーストラリアでのスーパーカー参戦について彼は『Never Say Never(絶対にないとは言わない)』というアプローチを取っており、他カテゴリーでのレース参戦の可能性をわずかに残している。

 一方で、マクラーレンのF1テストプログラムに加わっているインディカードライバー、パトリシオ・オワードはリカルドにインディカーをオススメしている。

「彼がオーバルをやりたがらないのはネットで見たし、それは尊重する」とオワードは語った。

「でも、彼はきっと気に入ると思う。彼はアメリカが大好きだから、ダニエルはすぐに馴染むと思う」

 オワードのコメントに対してリカルドは、インディカーのファンであるとしながらも、彼の焦点は依然としてF1にあると繰り返した。

「多くのインディカードライバーが手を差し伸べてくれて、『友よ、君はここが好きだろう』と言ってくれた」

 そうリカルドは語った。

「彼らはとても熱心で、シリーズをとても高く評価していた」

「インディカーのレースが素晴らしくないとは思っていないんだ。僕はたくさんレースを見ているし、ファンとして、観客として楽しんでいる」

「でも精神的には、まだそういう(インディカーに参戦する)状態じゃないんだ。まだF1が頭の中にあるような状態だよ」

 10月の段階で、インディカー参戦の可能性について訊かれたリカルドは、「オーバルは怖い」と発言し、フルタイムでアメリカでのレースに参戦することは「むしろファンタジー」だと話していた。

「10年前なら、イエスと言っていたかもしれない。オーバルはOKじゃないと認めてもいい」

 リカルドがF1にデビューした2011年以降、他のカテゴリーに直接触れる機会は限られていたが、プロモーション走行で2度、スーパーカーのマシンを試したことがある。