11月27日(日)にモビリティリゾートもてぎで行なわれた「ホンダレーシングサンクスデー2022」。アルファタウリのピエール・ガスリーにとっては、来季はアルピーヌからF1を戦うため、レッドブル系ドライバーとしては今回が最後のイベントとなった。

 ガスリーと言えば、チームメイトの角田裕毅ととても仲が良いことで知られている。F1は同じマシンを駆るチームメイトが最大のライバルではあるが、彼らふたりは仲睦まじい姿がソーシャルメディアで度々話題となっていた。

 来季も両者はF1グリッドに並ぶものの、前述のようにガスリーが移籍するためチームは別々……年末に迫る正式な別れを前に、ふたりが互いについて改めて語った。

「レーシングドライバーはみんな仲がいいんですけども、どうしても”レーシングドライバーとしての”友達というふうになってしまいがちです。ですがガスリー選手は、それこそ学校での友達だったり、レース以外の友達という感覚です」

 角田はガスリーについてそう語った。

「一緒に居て気を置いて話せる存在かなと思っています。兄弟のようにジョークを言い合って、笑いのツボが似ているという感じですね」

「彼から多くを学んだことは間違いありませんし、過去2年間、彼がいなかったらここまで僕は成長できていないと思います」

「身近にいて良い存在といいますか、目標にできる存在でした」

「昨年はシーズン前の体の仕上げ、作り方からすべてが違うなということを実感させられました。そういうふうに目標にできるドライバーでした」

 一方でガスリーは角田について、次のように評価している。

「2年間一緒にいて、把握できたことがひとつあって、サッカーは(自分が)ずっと上手いと思う(笑)」

「振り返ると、2年間の思い出はたくさんある。もちろん、チーム内で戦うこともあるが、いい仲間であり、良い友情を育んだ。僕はチームメイトにとってはリスペクトできるということがとても重要な要素思っているけど、彼は尊敬できる人だ。僕らはお互いを信頼しているし、そういったように考えられる環境があるのはありがたいことだったと思う」

「この5年間では、(角田は)ベストなチームメイトだったと思う。一緒に走り、過ごせたことを嬉しく思う。彼は素晴らしい選手だし、これからも伸びていく才能があると思うし、応援したい」

「ふたつ直したのは、ユウキの食生活とトレーニングだね。そのあたりを微調整して、そのあとはより良いトレーニングができたし。2年目のシーズンはだいぶ変わって強くなったと思う」

「今年のF1は中団争いが非常にレベルが高かった。中団に(セバスチャン)ベッテルや(フェルナンド)アロンソのような世界チャンピオンがいて、僕らはその中で頑張って走らなくてはならなかったけど、勉強になったと思う」

「今度はチームメイトではなくなるけど、良い友人として関係を維持していきたいし、成長を見守りたい」

 なお、アルファタウリを去るガスリーに対して「”愛のある”別れの言葉」を求められた角田だったが、来季は別チームとなることでよりアグレッシブなバトルを繰り広げたいと語った。
「愛はあるか分からないですけど……彼が去ってしまうことは悲しいですし、英語だと”Miss You”と言って間違いないです」と角田は言う。

「まあ、来年は違うチームでの戦いも楽しみにしています。チームメイトだからとバトルで気を使う必要も無いので、どんどんアグレッシブに行って、ぶつかっちゃっても仕方ないかなと思います。それでアグレッシブに戦って、ポイント争いができればと思います」

「自分の成長した姿を彼に見せて、彼の成長も見ながら、お互いに高め合って行きたいと思います」

 そうした角田のコメントに対してガスリーは、「いや…僕とのクラッシュは、僕はいいけどウチのチームのフランツ(トスト/アルファタウリ代表)は問題になるんじゃないか? 怖いよ?」と茶化したが、角田もジョークで返答した。

「クラッシュの仕方だよ! キミがクラッシュして僕がポイント争いをすれば、フランツも喜ぶよ(笑)」