ENEOSスーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankook第7戦(最終戦)「SUZUKA 5時間耐久レース」は、11月27日に鈴鹿サーキットにおいて5時間レースとして決勝が行なわれ、FCY(フルコースイエロー)7回、セーフティカー(SC)出動2回と荒れた展開となったが、レース中盤にトップを奪った16号車ポルシェセンター岡崎911GT3R(永井宏明/上村優太/伊藤大輔)が独走で連勝。2位でゴールした62号車 HELM MOTORSPORTS GTR GT3(鳥羽豊/平木湧也/平木玲次)が、逆転で今季のST-Xクラスチャンピオンを獲得した。

 またこの他、ST-1クラスは2号車シンティアム アップル KTM(IDA TAIYO/加藤寛規/高橋一穂/吉本大樹)、ST-2クラスは225号車KTMS GR YARIS(平良響/荒川麟/奥住慈英)、ST-3クラスは39号車エアバスター WINMAX RC350 55ガレージ TWS(冨林勇佑/伊藤鷹志/石井宏尚)、ST-4クラスは86号車TOM’S SPIRIT GR86(河野駿佑/松井孝允/山下健太)、ST-5クラスは4号車THE BRIDE FIT(岡田拓二/伊藤裕士/石津浩紀/いとうりな)がそれぞれチャンピオンを獲得した。

 SUZUKA5時間耐久レースには、全クラス合計57台がエントリーしたが、うち1台がフリー走行中にクラッシュを喫しエントリーを取り消した。

Top Videos






 26日に行われた公式予選はA、Bドライバーの合算タイムで決まるが、ポールポジションを獲得したのはST-Xクラス(全7台)の62号車GT-Rで、フロントロウには16号車ポルシェが並んだ。予選6位だった23号車TKRI松永建設AMG GT3(DAISUKE/元嶋佑弥/中山友貴)は、ドライビングマナー違反により5グリッド降格の11番グリッドからのスタートとなった。タイトル争いは888号車Grid Motorsport AMG GT3(マーティン・ベリー/ショーン・トン/高木真一/山脇大輔)と62号車GT-Rの2台にほぼ絞られており、前でゴールした方がチャンピオンとなる。

 5時間の決勝レースは10時49分にスタート。直後の2コーナーで81号車DAISHIN GT3 GT-R(大八木信行/藤波清斗/青木孝行/坂口夏月)に23号車メルセデスが接触し、81号車GT-RがグラベルにはまりいきなりFCYが宣言された。

 またST-Qクラスの61号車Team SDA Engineering BRZ CNF Concept(井口卓人/山内英輝/廣田光一)が13周目のS字でエンジンセンサーのトラブルでストップ。その直後には130R手前でST-5クラスの50号車LOVEDRIVEロードスター(松村浩之/篠田義仁/伊橋勲/藤井順子)がストップしてFCYが再び宣言され、その後SC出動となった。さらにはST-3クラスのポイントリーダーである52号車埼玉トヨペットGBクラウンRS(服部尚貴/吉田広樹/川合孝汰)がバックストレートでストップ、ST-5クラスの222号車Honda Cars Tokai J-net FIT(竹内敏記/田中真典/墨真幸)も130Rでクラッシュを喫すなど、序盤から荒れた展開となった。

 2時間が経過した42周の時点での首位は31号車DENSO LEXUS RC F GT3(永井秀貴/小高一斗/嵯峨宏紀)で、16号車ポルシェ、62号車GT-R、888号車メルセデス、777号車D’station Vantage GT3(星野敏/藤井誠暢/近藤翼)が続いた。31号車RC Fの嵯峨に16号車ポルシェ上村が迫りテール・トゥ・ノーズのバトルを20周近く続けたが、49周目のバックストレートで上村がトップに躍り出た。また3番手の62号車GT-Rを抜けばタイトル獲得となる888号車メルセデスは、SC解除後のリスタート違反によりドライブスルーのペナルティを受け、5番手まで順位を落としてしまう。

 レースも残り約2時間となった13時44分、777号車アストンマーティンが右リヤタイヤから白煙を上げてスロー走行となり、落ちたパーツを回収するためにこのレース5回目のFCY。さらにその45分後、S字でスピンした車両に後続の車両が追突し2台がストップして6回目のFCYが宣言された。

 90周が終了した時点で、16号車ポルシェの上村は2番手の31号車RC Fの永井に16秒差をつけ独走状態。その31号車RC Fを、106周目に62号車GT-Rの平木湧也が抜き、2番手へと順位を上げた。

 ゴールまで残り15分というところで、ヘアピン先で停止した車両があり7回目のFCYとなったが、残り12分でリスタート。再開後も16号車ポルシェが首位の座を守り切り、岡山に続き連勝を果たした。2位でゴールした62号車GT-Rは、逆転で今シーズンのST-Xクラスチャンピオンを獲得。3位は23号車メルセデスで、888号車メルセデスは4位だった。

 ST-Zクラス(全8台)は、クラスポールを獲得しながら、Aドライバーを変更したことでスタート直後にペナルティストップ60秒を受け最後尾まで順位を落とした22号車Porsche EBI WAIMARAMA Cayman GTS GT4(山野直也/大草りき)が、素晴らしい追い上げを見せ、レース終盤にストレートでトップを奪い、そのまま優勝を手にした。

 ST-TCRクラス(全2台)はスタートから2時間目までにトップを奪った97号車Racer HFDP CIVIC(遠藤光博/中野信治/三井優介)が今季初優勝。ST-1クラス(全3台)は2号車KTMと47号車 D’station Vantage GT8R(浜健二/織戸学/JAKE PARSONS)が順位を入れ替えながらバトルを繰り広げたが、2号車KTMが第2戦富士24時間以来の3勝目を挙げてタイトルを確定させた。ST-2クラス(全6台)は225号車GRヤリスが5勝目を挙げチャンピオンに。また今回がデビューレースとなった新型シビックの743号車Honda R&D Challenge FL5(石垣博基/木立純一/柿沼秀樹/武藤英紀)が2位表彰台を獲得した。

 ST-3クラス(全5台)は63号車TRACYSPORTS RC350 TWS(阪口良平/久保凛太郎/水野大)が連勝し、2位フィニッシュした39号車RC350が3年連続のタイトルを獲得。ST-4クラス(全5台)は、86号車GR86が5勝目でチャンピオンに輝いた。ST-5クラス(全15台)は、ゴール手前の最終コーナーでスローダウンした66号車odula TONE MOTULロードスター(武地孝幸/貫戸幸星/猪股京介/岡本大地)の脇を4号車フィットが抜き去り優勝。タイトルももぎ取った。

 ST-Qクラス(全6台)は3号車ENDLESS AMG GT4(小河諒/川端伸太朗/菅波冬悟/谷岡力)が総合10位でフィニッシュ。244号車Nissan Z Racing Concept(田中徹/三宅淳詞/田中哲也)と28号車ORC ROOKIE GR86 CNF Concept(蒲生尚弥/豊田大輔/大嶋和也/鵜飼龍太)も完走した。32号車ORC ROOKIE GR Corolla H2 concept(佐々木雅弘/MORIZO/石浦宏明/小倉康宏)も9回の給水素で完走してみせた。今回がデビュー戦となった55号車MAZDA SPIRIT RACING MAZDA3 Bio Concept(寺川和紘/井尻薫/関豊/前田育男)は駆動系のトラブルのためにピットガレージで修復作業を受けたが、レース最終盤にコースインしチェッカーを受けた。