2021年に初開催され、来季は第2戦に組み込まれているF1サウジアラビアGP。ジェッダにある超高速のストリートサーキットを舞台に行なわれている同GPだが、2023年に向けてはレイアウトの微調整が行なわれる。

 ジェッダ・コーニッシュ・サーキットは、緩やかなカーブが連続し、そこを全開で駆け抜けるようなレイアウトとなっており非常にハイスピードだが、市街地コースという特性もありブラインドとなっている場所が多く、その危険性に一部のドライバーからは批判の声も挙がっている。

 2022年のレースの前にもコースの調整が行なわれ、ドライバーにとってより安全なサーキットとするためにコース幅を広げるなどの対処がとられてきた。しかしサウジアラビアGPのオーガナイザーは、2023年に向けてさらなる変更を行なうことを明らかにした。

 最も大きな変更点のひとつは、左、右と高速に切り返すターン22〜ターン23にかけてで、フェンスの位置を再調整して傾斜のついた縁石を追加することで約50km/hの速度低下が図られた。この縁石は、ターン4、8、10、11、17、23にも設置される。

 また、ターン14とターン20は共に“インベタ”でアクセル全開の緩やかなコーナーだが、イン側の縁石のすぐ近くにウォールがせり出しておりその先が見えづらくなっていた。これらに関してはウォールを5〜7.5mほど後退させることで視界が開けるように工夫された。そしてコース前半のターン8とターン10に関しても同じ措置がとられた。

 さらにスピードの伸びるターン3、4、19、20、21には、ドライバーがワイドに走らないよう、速度を低下させる“ランブルライン”がコース外に設置された。

 サウジ・モータースポーツ・カンパニーの最高責任者であるマーティン・ウィタカーは次のように語る。

「ジェッダ・コーニッシュ・サーキット(JCC)の進化は続いており、FIAとF1、そのドライバーとの協議の結果、この壮大なサーキットにさらなる改良を加えることができ、大変嬉しく思う」

「過去2回のレースで、JCCが世界最速で最もエキサイティングなストリートサーキットであることは既に確認されており、今回の新たな開発によって、来年3月にF1が再びこの街に戻ってくる際により壮観なものをファンに届けられる」

「レースを通じてフィードバックに耳を傾け、学び、改善してくことはサーキットにとって非常に重要なことだ」

「この変更により、速さを維持したままで、よりエキサイティングかつ、何より重要な安全性の高いレースを実現できると確信している。2023年、この照明の下で世界最高のドライバーたちによるバトルが見られるのが待ちきれない」