マクラーレンのザク・ブラウンCEOは、チームを離れてレッドブルのサードドライバーとなったダニエル・リカルドについて、レッドブルはF1復帰のチャンスがある選択肢だと考えている。

 リカルドはマクラーレンで期待された結果を出すことができず、チームとの早期決別に合意した。

 2023年の選択肢を検討した結果、リカルドは最終的に来季レッドブルのサードドライバーとなり、2024年のレース復帰を目指すことを決めた。

 リカルドが最善の道を選んだのか疑問視する声もあるが、マクラーレンのザク・ブラウンCEOは、リカルドがF1で勝つために必要なモノをまだ持っていることを示す、直接的なチャンスを手にできる可能性があると考えている。

 彼は、メルセデスのリザーブドライバーを務めていたニック・デ・フリーズが今季のイタリアGPに代役出場し、結果を残したことで2023年のアルファタウリのシートを手にしたことを例に挙げた。

「ニックが良いセッションをしたことで、何が起こったかを見てみよう」

「突然、彼は人気者になったんだ」

「(レッドブルの)誰かが何らかの理由でレースに出られなくなり、彼(リカルド)が乗り込んで、突然あのマシンを今のような状態に持っていったら、事態が急変することもあるんだ」

 リカルドにはハースからのオファーがあったとされているが、レッドブルに加わった方が将来性があるのかという質問には、ブラウンは次のように答えた。

「答えるのは難しいよ。ハースに行って(ケビン)マグヌッセンと対抗できれば、関心を引き戻すことができるかもしれない」

「それとも、(レッドブルの)ドライバーがコロナにかかって、レースに勝てるマシンに乗ってレースに勝つことができれば、グリッドに戻れるだろう」

「だからどちらが最高の機会を生むかはなんとも言えないと思う」

 ブラウンは、他のチームがリカルドを積極的に引き抜かなかったことに驚いたという。

「ドライバーを探していた他のチームが彼を選ばなかったことに驚いている」

「でも、彼が乗りたいと思わないチームもあったと思う。だから、もしかしたら彼を選んだチームもあったかもしれない」

「彼は明らかにこのゲームに残りたがっている。彼は昨年モンツァで優勝したんだ。通算8勝というのは素晴らしい。ただ我々がそれを解き放てなかっただけだ。違う環境でそれが解き放たれてほしい。なぜなら、私はまたダニエルをグリッドで見たいんだ」