2022年シーズンに22戦中15勝を挙げ、圧倒的な強さで2年連続のF1ワールドチャンピオンに輝いたレッドブルのマックス・フェルスタッペン。その強さはまさに記録的なモノで、年間15勝をいう数字は、歴史上最多の勝利数ということになる。この記録は、そう簡単に破られるモノではないだろう。

 本稿では、これまでのF1の歴史を振り返り、過去の年間最多勝記録を振り返っていく。

 今年フェルスタッペンが記録を更新するまで、最多勝記録を持っていたのは2004年のミハエル・シューマッハー(フェラーリ)と、2013年のセバスチャン・ベッテルで13勝であった。しかし、ベッテルが13勝を記録した2013年は年間19戦だったのに対し、シューマッハーが13勝を記録した2004年は年間18戦……勝率ではシューマッハーが72.2%なのに対し、ベッテルは68.4%と、シューマッハーに軍配が上がる。

 このシューマッハーの勝率72.2%という数字は実は驚異的。今季15勝を挙げたフェルスタッペンを勝率で換算すると68.1%となり、シューマッハーはおろかベッテルにも届かないのだ。2004年といえば、BARホンダ006に乗る佐藤琢磨が活躍し日本中のF1ファンが沸いたが、その裏というか表というか……いかにシューマッハーが強さを発揮したシーズンだったかというのがよく分かろうというものだ。

 勝利数記録の4〜9位は、いずれも11勝で並んだ。うちふたつはシューマッハー(2002年)とベッテル(2011年)だが、それ以外の4つはすべてメルセデスのルイス・ハミルトンが記録したモノ(2014、2018〜2020)である。中でも新型コロナウイルスの影響で開幕が7月にずれ込み、そこから12月までの間に17戦を強行開催した2020年は、勝率の上でも2002年のシューマッハーと並ぶモノであった。しかし3年連続11勝というのは驚異的である。

 10勝で並んでいるのは3例で、やはりそのうちふたつがハミルトンのモノ(2015、2016年)。なお、もうひとつの10勝は、2021年のフェルスタッペンが記録したものである。

 このようにドライバーの年間最多勝記録を紐解いていくと、シューマッハー、ハミルトン、ベッテル、フェルスタッペンという4人の名前しか出てこないということになる。これは、年間のレース開催数が多くなったことと深く関係しているだろう。

 冒頭では、15勝という記録を更新するのは難しいと申し上げたが、2023年には全24戦、将来的には年25戦まで増やされることが検討されている……10回負けても15勝できてしまう可能性があるのだ。いとも簡単に更新される日が来るのかもしれない。

 ちなみに9勝まで掘り下げると、前出の4人以外の名前も出てくる。9勝を記録しているのは全部で6例であり、うち3つをシューマッハー(1995、2000、2001年)、ひとつをハミルトン(2017)が記録している。

 あとのふたつのうちのひとつは、1992年のナイジェル・マンセル(ウイリアムズ)だ。16戦で行なわれたこの年、マンセルは開幕5連勝。ドイツGPまでの10戦中8勝を挙げ、続く第11戦ハンガリーGPでこの年のタイトル獲得を決めてしまった。これは2002年のシューマッハーに次いで、早々にチャンピオンを決めてしまった記録である。なおこの年のマンセルのポールポジション獲得記録は14回で、獲得回数では2011年のベッテルに次ぐ2位だが、獲得率では87.5%でぶっちぎりである。

 もうひとつの9勝は、ハミルトンとの激しい争いの末、自身唯一のタイトルを獲得した2016年のニコ・ロズベルグ(メルセデス)である。

■F1年間最多勝記録トップ10(ドライバー)

1. 15勝/22戦/68.1%: マックス・フェルスタッペン(2022)
2. 13勝/18戦/72.2%:ミハエル・シューマッハー(2004)
3. 13勝/19戦/68.4%:セバスチャン・ベッテル(2013)
4. 11勝/17戦/64.7%:ミハエル・シューマッハー(2002)
4. 11勝/17戦/64.7%:ルイス・ハミルトン(2020)
6. 11勝/19戦/57.8%:セバスチャン・ベッテル(2011)
6. 11勝/19戦/57.8%:ルイス・ハミルトン(2014)
8. 11勝/21戦/52.3%:ルイス・ハミルトン(2018)
8. 11勝/21戦/52.3%:ルイス・ハミルトン(2019)
10. 10勝/19戦/52.6%:ルイス・ハミルトン(2015)
11. 10勝/21戦/47.6%:ルイス・ハミルトン(2016)
12. 10勝/22戦/45.4%:マックス・フェルスタッペン(2021)