MotoGPは現在、日本メーカーが勢いを失いヨーロッパ勢の台頭が著しい。この状況には長く”日本車”に乗って活躍してきたレジェンドライダーのバレンティーノ・ロッシも心配している様子だ。

 ロードレース世界選手権ではここ50年近く日本メーカーが最高峰クラスを支配してきた。1975年にジャコモ・アゴスチーニがヤマハでチャンピオンに輝いてイタリアブランドの時代を終焉に導くと、以後は最高峰クラスで王座を日本勢がほぼ独占してきたのだ。

 しかし2010年代後半から、あきらかにその潮流には変化が発生していた。そして2022年にドゥカティとフランチェスコ・バニャイヤが、2007年のケーシー・ストーナー以来となるチャンピオンに輝いたことで、この流れは決定的なものとなりつつある。

 ドゥカティ、アプリリア、KTMが躍進する一方で日本勢は苦戦。2022年はファビオ・クアルタラロの活躍によってヤマハはなんとかコンストラクターズランキング2位に残ったが、ホンダはランキング6位、スズキもランキング5位と沈んだ。

 そんな状況で現在心配されているのは日本勢の今後の行方だ。特にスズキが2022年限りでMotoGPを撤退し、ヤマハもサテライトチームを失ったことで2023年に日本勢はわずか6台という状況となってしまった。

 2020年までスズキでチームマネージャーを務めたダビデ・ブリビオは、スズキの撤退についてGPoneに次のように嘆くコメントを寄せていた。

「このチームが撤退してしまうのは、本当に悲しいことだし、残念だ」

「彼らは非常に上手くやっていけるポテンシャルがあったと思う。(2015年に復帰し)序盤数年は厳しい時期もあったが、日本のエンジニアはリズムを見つけたんだ。彼らはその経験を上手く使えていたと思う。しかし残念ながら、その道は閉ざされてしまった」

 スズキのMotoGP撤退という決定からホンダやヤマハの動向を心配する声もあるが、ブリビオは「あとの2メーカーが心配だ」と語る。

「追いつくためには、彼らはペースを変えていく必要があると思う」

「このスポーツのテクノロジーは進化している。変化し、全てが成長しているが、日本メーカーはそれに対して少し準備ができていないのかもしれない。彼らがこのゲームに参加し続けたいのなら、いくつかの物事を変えなくてはならない」

 日本勢が苦しんでいる状況に、ホンダとヤマハで過去9度のタイトルを獲得してきたロッシも、懸念を抱いているようだ。

 Sky Sports Italyに日本メーカーの現状について意見を求められた際、ロッシは次のように答えている。

「ヤマハは常にバランスに焦点をあててきた。だけど今、ドゥカティとのエンジンの差は非常に大きくなっている」

「ここ数年、ドゥカティは彼らを大変な状況に追い込んでいると言わざるを得ないね」

「ヤマハだけじゃない。日本ブランド全部が問題に直面している。ドゥカティがギアを上げて来たんだ。2016年以来のことだけど、彼らは過去2年でさらにもう一歩踏み込んできた」

 そう語るロッシ。彼はブリビオと同じく日本勢が追いつこうとするなら、さらに努力が必要だろうと語った。

「日本勢は選択を迫られている。この”ゲーム”は変わってしまったんだ。資金もリソースもより必要だ。勝ちたいというなら、もっとたくさんやることがあるというのを、理解する必要がある」

 日本勢の苦戦については、2020年から続く新型コロナウイルスのパンデミックが影響しているという見方もある。レプソル・ホンダのマルク・マルケスはこの期間中は主にヨーロッパが舞台となっていたことで、開発にも影響があったと語っている。

「グローバルなパンデミックは、僕らのスポーツに影響を与えてきた」とマルケスは言う。

「(コロナ規制が)終わったとき、アジア勢……つまりホンダ、ヤマハそしてスズキがより影響を受けていたことが分かったんだ。彼らにとっては、2020年と2021年にチャンピオンシップの大部分がヨーロッパで行われていたことが、より厳しかったと思う」

「極東からエンジニアがヨーロッパに来て、ここで生活をしていたんだ。彼らはファクトリーにはいなくて、コミュニケーションも仕事もより大変になっていた」

「環境に適応することも必要で、さもなければ追い抜かれてしまう」

「プロトコルやそういったモノのせいいで、適応が難しい大変な状況があったんだろう。でもホンダは作業を続けているし、日本でも状況は普段通りに戻ってきている」

「2023年に大きなステップを踏み出せることを祈っている。彼らを責めることはできないよ」

「皆が最大限の努力を行なってくれているのは分かっている。もちろん、どの段階でも正しいステップを踏むことが必要なのはあるけどね」