TOYOTA GAZOO Racingが、GRカローラRZとGRカローラ RZ "MORIZO Edition"の抽選申し込み受付を開始。GRカローラRZは12月19日まで、GRカローラ RZ "MORIZO Edition"は12月18日まで、抽選申し込みが受け付けられるという。

 GRカローラは、TOYOTA GAZOO Racingによれば、「レースで勝つために鍛えたクルマを市販化するという”モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり”を実践して開発したクルマ」だという。マスタードライバーであり、トヨタ自動車社長でもあるモリゾウこと豊田章男社長や石浦宏明、勝田範彦らがあらゆる道で走り込み、徹底的に不具合を洗い出して改善。水素エンジンカローラでのスーパー耐久参戦などでも、車両を総合的に鍛え直したという。

 エンジンは、GRヤリスに搭載された1.6リッター直列3気筒インタークーラーターボエンジンを強化し、高トルクと高出力に対応できるようにピストンが変更。さらにセンターマフラーを追加することによって排気効率を向上させ、最大で224kW(304PS)を発揮するという。またGRカローラに最適化した、スポーツ4WDシステムGR-FOURも搭載されている。

 RZはそんなハイパフォーマンスのパワートレインを搭載しながらも、5ドア、5乗りの利便性をそのままに、日常営かつでの使い勝手と走る楽しさを高次元で両立しているという。

 一方"MORIZO Edition"では、豊田社長が試作車のハンドルを握り、ユーザーを魅了する”野生味”を追求。2シーター化など徹底的に軽量化を施し、エンジンのトルクアップやトランスミッションのギヤ比最適化による運動性能の向上、モノチューブアブソーバーやハイパフォーマンスを採用することでコーナリング性能の向上を図っているという。

 RZは発表当初は一般販売予定とされていたが、新型ことなウイルスの感染拡大や半導体不足の影響により、まずは500台の抽選販売に変更された。今後は生産状況を見ながら、追加販売が検討されるという。一方"MORIZO Edition"は、70台の抽選販売になるという。

 価格はRZが525万円、"MORIZO Edition"が715万円(いずれも消費税込み)である。発売は2023年年初が予定されている。全国のGR Garageで抽選販売の申し込みが受け付けられている。