2023年シーズンにアルピーヌからアストンマーチンへと移籍した2度のF1世界チャンピオンであるフェルナンド・アロンソ。シーズン開幕戦となるバーレーンGPでは3位表彰台を獲得したものの、アストンマーチンの2023年型F1マシン『AMR23』に100%適応できてはいないという。

 バーレーンGPでアロンソは予選Q3へ進出し、メルセデス勢を上回る5番グリッドを確保。決勝レースではオープニングラップで順位を落としたものの、レース後半にシャルル・ルクレール(フェラーリ)がトラブルによりリタイアした後、ハードタイヤを履くアロンソはルイス・ハミルトン(メルセデス)、カルロス・サインツJr.(フェラーリ)を続けざまに抜き、アストンマーチンでの初陣で表彰台を手にした。

 アロンソはハミルトンとのバトルの最中、DRSを使用してターン4でハミルトンのインを刺したものの、コーナーのエイペックスでオーバーステアに見舞われ、ここで抜ききることはできなかった。

 その後、アロンソは難所ターン10でハミルトンを攻略したが、オーバーステアによるスライドはAMR23への適応が100%完了していないことを示している。

 フロントの動きを正確に感じられるよう、最小限のアシストを好むことで知られているアロンソは、Sky Sportsに対してパワーステアリングのアシストにまだ慣れていないと明かした。

 彼は次のように語った。

「スローダウンしたことが原因だと思う」

「このマシンのパワーアシストや色々なモノにまだ慣れる必要があるんだ」

「アルピーヌとはちょっと違うから、正直言ってビックリしたよ」

 またアロンソは今年、ルノー製パワーユニット(PU)からメルセデス製PUへの乗り換えとなったが、PUに関してはそれほど違いはなく、それがマシンのスライドに繋がった訳ではないと言う。

 アロンソはこう続ける。

「PU的には、それほど大きな違いはないと思う。でも、マシンそのものやフロントサスペンションのジオメトリーは、マシンによって違うモノなんだ」

「ステアリングホイールを握る手に伝わるフロントタイヤからのフィードバックが違うんだ」

「そういう時に、サーキットでこのマシンと過ごす時間が必要なのは確かだ」

 motorsport.comがスライドについて詳しく訊くと、アロンソは次のように答えている。

「何が原因かはわかっているつもりだが、それは僕の中に留めておくよ。まだ作業中なんだ」

「僕が言った通り、マシンはとても新しい。僕らはマシンについてもっと学ぶ必要があるし、僕はマシンに慣れる必要がある」

「だからあの瞬間は、マシンやドライビング、ステアリングホイールからのフィードバック、パワーアシストに慣れようとしている僕から生まれたモノだった」

「だからまだ、100%完璧だという訳ではないんだ」