レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、F1第5戦マイアミGPで予選9番手から優勝。チームメイトのセルジオ・ペレスを最終的に5.3秒差で破り、今季の勝ち星を3にあげた。

 この結果についてチーム代表のクリスチャン・ホーナーは、フェルスタッペンはセクター1で多くのタイムを稼いでいたことが勝因だと語っている。

 マイアミ・インターナショナル・オートドロームのセクター1は、8つのコーナーで構成され、その大部分が高速コーナーとなっている。

 決勝では、多くのドライバーがスタートタイヤにミディアム、2セット目のタイヤにハードを選択。ポールスタートのペレスもそのタイヤ戦略を採った一方で、フェルスタッペンは9番手からハード→ミディアムという戦略を選んだ。

 フェルスタッペンはハードタイヤでのペースが良く、レース中盤は周回数を重ねたスタートタイヤながらも、先に新品ハードへ交換していたペレスと遜色ないタイムをマーク。フレッシュな2セット目のタイヤで、コース上でペレスを抜き去った。

 フェルスタッペンが得意としていたところはどこかとホーナーに尋ねると、彼は次のように答えた。

「純粋にセクター1、ターン3〜6だと思う」

「マックスはそのセクターで傑出していた。残りのセクターは似たり寄ったりだった。ただ、マックスが本当に大きなダメージを与えていたのはセクター1だった」

 さらにホーナーは次のように続ける。

「コーナーの流れがそうさせるのだと思う。一貫性のある特定のエリアを挙げるのは難しい」

「週末を通して、マックスはあのセクターでかなり速かったと思う。でもそれはサーキットによって違うだろう」

 また、レッドブルは第4戦を終えた時点でフェルスタッペンとペレスが2勝ずつ勝利を分け合っており、ふたりのライバル関係が今後どう展開していくかが注目されていた。

 ただ、マイアミGPのレース終盤に真っ向勝負となった時にも、フェルスタッペンとペレスはお互いに尊重し合うという約束が守られたとホーナーは語っている。

「(日曜日の)朝に我々は話し合ったんだ」とホーナーは言う。

「バトルをするのは自由だが、クリーンでなくてはいけない。そしてチームとお互いを尊重しろと言ったんだ」

「彼らはそれに従ったと思う。彼らはしっかりと戦いながらも公平にバトルをして、お互いに充分なスペースを残し、リスペクトし合っていた」

 なおホーナーはペレスに関して、ポールポジションからスタートしながらもフェルスタッペンに敗れたものの、総合的なパフォーマンスには満足しているという。

「マックスは本当に見事だった。でもまだまだシーズンは残っている」とホーナーは言う。

「ふたりのドライバーのポイント差はたった14点で、18レースと5回のスプリントレースが残っている」

「だから、まだ何かが起こるチャンスは沢山ある。(ポールポールポジションを)勝利に結び付けられなかったことに彼は残念がっていることだろうが、彼は非常に貴重なポイントを獲得したんだ」

 そしてホーナーは次のように続ける。

「彼はレース中盤のタイム差がどこで生まれたのかを理解したいと思うだろう」