7度のF1世界チャンピオンであるルイス・ハミルトン(メルセデス)は、”クラシックな”カタルニア・サーキットでのF1スペインGP開催存続を希望している。

 スペイン・バルセロナにあるカタルニア・サーキットでのF1スペインGPは1991年から開催され、2023年大会ではコースレイアウトに変更が加えられた。オーバーテイク増加を狙い、最終シケインが廃止され、2006年大会ぶりに高速コーナーが復活した。

 しかし、2026年シーズンからはスペインの首都マドリードで市街地レースを開催する計画が進んでいる。F1のステファノ・ドメニカリCEOは今年初めに後援者と話し合いを持ち、5月のマイアミGPにはマドリード市の代表が出席した。

 サウジアラビア・ジェッダ、アゼルバイジャン・バクー、そしてアメリカではマイアミとラスベガスと、市街地レースがF1カレンダー内で急増している。

 ハミルトンは、2008年から2012年にかけて使用されていたバレンシア市街地サーキットを上回るレイアウトであれば、マドリード市街地サーキットでのレースに前向きな姿勢を見せている。ただ同時に、F1側が伝統的なサーキットでのグランプリの将来を危険にさらすべきではないと考えている。

「バレンシアのように、ドライブして最も楽しいとは言えないサーキットではない限りはね」

「でもバルセロナを失いたくはない。この街も大好きだし、クラシックなサーキットを残すことはとても重要だと思う」

「少なくとも、素晴らしいレースができるサーキットは残すべきだ。(ハンガリーの)ブダペストは壮観だし、シルバーストンも素晴らしい。この(カタルニア)サーキットもそうだ」

「僕は、このスポーツの伝統について考え、柱となるようなサーキットを維持する必要があると思う」

 マドリードでの市街地レースが実現した場合、スペインでの2レース開催ではなく、カタルニアが取って代わられることになると考えられる。

 ただ、スペイン出身のカルロス・サインツJr.(フェラーリ)は、開催地よりもF1カレンダーに母国の名前が並ぶことをより重視していると語っている。

「僕はただ、開催地に関係なくスペインGPが開催されることを確実なモノとすべく、最大限の努力をするだけだ」

「今のバルセロナは素晴らしい仕事をしていると思うし、僕は何年も何年もバルセロナに来ることを楽しんできた」

「もちろん、マドリードで何が起こっているのか、彼らが何を計画しているのか、もう少し詳しく知る必要があるけどね……」

「サーキットの設計でもなんでも、彼らが必要とするなら、どんなことでも手助けするつもりだ」

 また、サインツJr.と同郷のフェルナンド・アロンソ(アストンマーチン)は、次のように語っている。

「僕が2026年にF1いるなら、バルセロナでレースをできたら嬉しいし、マドリードでレースができても嬉しいだろうね」

「ここにいないなら僕はF1で観ることになるし、あまり変わりはない。結局のところ、その地域がレースを開催することに納得するかどうかは、その地域次第だよ」

「バルセロナは、レース開催に前向きな時もあれば反対される時もあるなど、浮き沈みが激しいんだ」

「もし彼らがレースを望まず、他の地域がレース開催を望むのであれば、判断はとても簡単なことだよね」