F1第8戦スペインGPで、フェラーリのカルロス・サインツJr.は2番グリッドを獲得。母国戦を好位置からスタートするが、決勝ではレッドブル勢がワンツーフィニッシュを決める可能性を懸念している。

 スペインGPの予選は難しいコンディションで行なわれ、Q1では赤旗も発生。そんな中、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がQ1で、レッドブルのセルジオ・ペレスがQ2を11番手で敗退するというサプライズも起こった。

 サインツJr.は無事にQ3まで進出すると、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)に次ぐ2番手を確保。母国戦での好結果に向けて、良いスタートポジションをゲットした。

 前述のようにペレスが予選で中位に沈んでいることは、サインツJr.の母国戦表彰台に向けてプラスになると思われる。

 しかしサインツJr.は、レッドブル勢のドライコンディションでのペースが非常に優れていることから、ペレスが後方から追い上げてフェルスタッペンとワンツーフィニッシュを決める可能性があると懸念している様子だ。

「(2位を)確保するのはまだ難しいだろうね」と、予選後の会見でサインツJr.は語った。

「特にチェコ(ペレスの愛称)はレッドブルのマシンと11番手から追い上げてくるだろう」

「僕としてはエンジニアのところへ戻ったら、すぐに彼らから『レッドブル勢が君の前でフィニッシュしそうだ』とシミュレーションの示唆を受けるだろうなと思っているんだ」

「そしてレースはランド(ノリス/マクラーレン)とメルセデス勢との戦いになってくるだろう」

「アストンマーチン勢もそうだ。彼らに今日なにがあったのか正確にはわからないけど、でも彼らは通常ならとても良いレースペースを備えている」

「だから明日表彰台を獲得すると言うには、まだ難しい状態にあると思っている」

「それを実現するために、今回はできる限りのポジションに並んだ。明日は僕にとって良い戦いになってくれると思うよ」

 なおスペインGPはスタートからターン1までの距離が、カレンダーの中でも特に長いコースのひとつだ。これまでのところ、レッドブル勢がスタートでリードを失うケースもまま見られている。

 今回、サインツJr.がターン1でフェルスタッペンにチャレンジする可能性について、彼は次のように語っている。

「重要になってくるのはトウ(スリップストリーム)だ。ターン1に向けてトウを得ることができれば、どれだけラッキーなことか」

「どうなるかは分からない。もちろんターン1に向けて全力を尽くすつもりだ。そして表彰台を獲りにいって、もしマックスに変なことがあれば、勝ちたいと思う」