アルファタウリは、F1シンガポールGPでアップデート・パッケージを導入した。アップデートはフロアやディフューザー、サイドポンツーン、リヤサスペンションなど広範囲に及んでいる。

 フロアの変更については、フロア中央部やフロアエッジにアップデートが施された。チームはFIAに提出した書類で、「前方のフロアエッジ変更によって、フロアエッジの局所的な静圧を下げ、より多くの気流をフロア下に引き込むのに役立つ」と説明している。

 またディフューザーは、サイドウォールのカットアウトが最適化。これにより、「リヤフロアエッジの渦流を強化し、ディフューザー内の局所的な荷重を増加させる」ことを狙っているという。

 リヤサスペンションのシュラウドやリヤブレーキドラムの前後ダクトも調整されている。ダクトを通る空気の効率が上げられている他、ブレーキドラムについた空力パーツがより効率的にダウンフォースを発生できるよう、このふたつはデザインされている。

 アップデートの中で特に目を引くのは、サイドポンツーンの変化だろう。サイドポンツーンの開口部は横長に、フェラーリが使用しているモノに近いデザインとなった。これにより冷却性能と冷却範囲が向上するという。

 サイドポンツーンのボディワークも激変。サイドポンツーン上面には大きなこぶが確認でき、アンダーカットの形状も大きく変わっている。これらはフロアエッジとの相互作用の強化、フロアの強度向上などに寄与しているようだ。

 フロアに向かって落ち込むダウンウォッシュ型のボディワークも、特にリヤタイヤ前のエリアが変更されている。フロントタイヤが生む乱流の悪影響がフロア後方に及ぶのを避け、荷重を増やす効果があるという。

 シミュレータでこのアップデートを試した角田裕毅は、好感触を持っているとコメント。実際にシンガポールGPのFP1では9番手と好発進している。

 これまでアルファタウリが抱えてきた問題をこのアップデートが解決し、シンガポールGPと続く日本GPで効果を発揮することを角田もチームも期待を寄せていることだろう。