フェラーリは、F1メキシコシティGPでフロントロウを独占したものの、最終的にシャルル・ルクレールが3位、カルロス・サインツJr.が4位に終わった。その大きな要因は、ハードタイヤを上手く使えなかったことにあると考えている。

 ポールシッターのルクレールはスタート直後の1コーナーでセルジオ・ペレス(レッドブル)と接触し、フロントウイングのエンドプレートにダメージを負ったものの、第1スティントはミディアムタイヤで順調に走行した。

 そしてハースのケビン・マグヌッセンがレース中盤にクラッシュし、赤旗が出される数周前にフェラーリは2台共ハードタイヤに交換した。

 レース中断中にルクレールはフロントウイングを交換できたが、ライバルたちのようにレース残りの後半をユーズドのミディアムタイヤで走ることはせず、そのままハードタイヤでフィニッシュを目指すことを選択した。

 しかし、ルクレールはタイヤをうまく作動させることができず、ミディアムタイヤを履いたルイス・ハミルトン(メルセデス)に抜かれて3番手に後退してしまった。

 結局、フェラーリ勢はルクレールが3位、サインツJr.が4位でレースを終えた。赤旗後に同じハードタイヤを履き、優勝したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)のペースと比べても、悔しさの残るレースになっただろう。

 レッドブルは、ルクレールが赤旗後のリスタートでミディアムタイヤを履き、フェルスタッペンのオーバーテイクを狙ってくるのではないかと警戒していたという。それだけに彼らがハードタイヤを選んだことに驚いたとコメントした。

 バスール代表は、フロントウイングにダメージがあったにもかかわらず、レースはルクレールにとって良い流れに見えたと語った。

「ピットウォールからの私のフィーリングでは、最初のスティントは問題なかった。マシンのダメージもあったが、マックスとはコンマ3、4秒差だった。だからほぼ良いスティントだった」

「でもハードでは、タイヤを”再起動”させることができなかったし、全く機能しなかった」

 ミディアムタイヤの選択肢もあったと聞かれ、彼は次のように答えた。

「正直言うとなかった。35周ほど走らなければならなかったから、それができるとは思っていなかったんだ」

「それは野心的なプランだった。それに我々が持っていたミディアムはスクラブ(皮むき)されたものだったんだ」

 バスール代表は、予選での好調をまたしてもレースで発揮できなかったことについて、「悔しいという言葉は適切ではない」と語った。

「3位と4位なら、悪いレースだったとは言いたくない」

「最後のスティントが悪かった。でもレース序盤はとてもうまくいった」

「ここしばらくは前進することができていると思う。6戦のうち4戦でポールポジションを獲得したんだ。レースはもう少し安定させなければならないし、少なくともスティント間のデルタをなくさなければならない。それによってポジションを失うことがよくあるからね」

 なおルクレールとの接触について、バスール代表はペレスを非難しなかった。

「問題は、スタートでああいう状況になったことであり、3台が同じラインでターン1に向かったら、同じ結果になるだろう」

「サンドウィッチかと聞かれればそうだが、我々からすればどちらかといえばパニーニのようなモノだ!」

「チェコ(ペレス)を責めることはできないし、マックスも縁石に突っ込むわけにはいかない。シャルルは真ん中に挟まってしまったんだ」