11月4日に開催されるFIA世界耐久選手権(WEC)最終戦バーレーン8時間レースに向けて性能調整(BoP)が発表され、ポルシェ963やキャデラックVシリーズ.Rの最低重量が7kg軽量化された。

 これは、LMH規定のマシンとLMDh規定のマシン間の性能を調整し、より公平な競争条件を生み出すことを目指す”プラットフォームBoP”が変更されたことを意味する。ポルシェ963やキャデラックVシリーズ.Rの調整が同じとなっているのもそれが理由だ。

 2023年のBoP新ルールでは、7月のモンツァ戦と9月の富士戦の後にプラットフォームBoPの変更が認められている。

 ル・マン24時間レース後の今年7月、WECを運営するFIAとACO(フランス西部自動車クラブ)がシーズン終盤3戦(モンツァ、富士、バーレーン)のBoPを発表しているが、これは車両別の調整であり、マニュファクチャラーBoPと呼ばれている。

 本来、この7月に発表されたモノが今季唯一のマニュファクチャラーBoP変更となるはずだったが、FIAとACOはル・マンを前に競技者の同意なしにレギュレーションを上書きすることを選択した。

 FIAとACOは、トヨタが開幕3ラウンドで圧倒的なパフォーマンスを見せたした後、LMHレギュレーションで製造されたマシンの性能差が”当初の予想よりも大きかったため、この変更が必要だと主張した。

 7月に発表されたBoPでは、バーレーンでのポルシェ963の最低重量は1053kgに設定されていたが、現在は1046kgに引き下げられている。キャデラックは、1037kgから1030kgに変更。これはLMH規定のヴァンウォール・バンダーベル680と並び、クラス最軽量となる。

 一方で、1スティントで使える最大エネルギーも2台揃って1MJ削減され、バランスが取られている。

 最大出力には変更がなく、ポルシェ963は514kW、キャデラックVシリーズ.Rは504kWとなっている。

 対するトヨタのGR010ハイブリッドは最低重量1080kg、514kW。ドライバーズタイトル争いに踏みとどまっているフェラーリ499Pは最低重量1075kg、最高出力505kWとなっている。