ハースのギュンター・シュタイナー代表は、F1メキシコシティGPでケビン・マグヌッセンが大クラッシュし、赤旗の原因となったことについて、センサートラブルにもっと気を配るべきだったと語った。

 メキシコシティGPで発生したマグヌッセンの大クラッシュは、ローガン・サージェント(ウイリアムズ)とバトルする中で、ブレーキバランスをリヤに寄せていたことでブレーキの温度が上昇。センサーがダメになったばかりか、サスペンションにまでダメージが及んだことが原因だとチームは明らかにしていた。

 マグヌッセンのエンジニアがブレーキの温度をコントロールする必要があると伝えた矢先、マシンの左リヤトラックロッドが故障してコースを飛び出してしまったのだ。

 サンパウロGPを前に、何かマシンに対策を施したか聞くと、シュタイナー代表は「いや、何も変えていない」とmotorsport.comに答えた。

「我々にできるのは、その段階に到達するまでにより注意深くすることだ。もっとエンジンブレーキを使ったり、リフト&コーストして走ったりする必要がある。それが我々にできることだ」

「それは少し不幸な出来事だった。気温が少し上がり、センサーが熱で作動しなくなり、何が起きているのか誰も分からなくなり、ブレーキが効かなくなてサスペンションが壊れてしまった」

「事態の進行はとても速かった。ブレーキが少し熱かったのは明らかだが、突然すべてのセンサーがなくなってしまった。そしてサスペンションが壊れてしまった」

 シュタイナー代表は、エンジニアからのメッセージはもっと早く送ることができたはずだと認めた。

「ああ、遅すぎたんだ」

「センサーがなくなったら、最悪のシナリオを考えることになる。そしてあのケースでは、ちょっと遅すぎたんだ」

 ブレーキの管理についてドライバーたちは教訓を得たかと尋ねられたシュタイナーは、「センサーが消えたら、それは熱すぎるんだということも学んだ! なかなか良い警告だ……」と答えた。

 シュタイナー代表は、マグヌッセンのシャシーは軽微な損傷は済んでおり、今週末に向けて修復されたことを認めた。

「ああ、もう(修復)完了している」

「サイドポンツーンのインレットを交換しただけだ。接着剤で固定されたパーツで、新しいものだがシャシーは問題ない」

「スペアパーツさえあれば、メカニックはうまく準備を整えてくれる。そのパーツは接着剤で固定されたが、日曜日の夜には接着剤が乾くように直してくれたよ」

「クルマがここに到着したときには、すでに接着されていた。これが最近の彼らのやり方なんだ。彼らは準備万端だし、すべてのパーツがあらかじめ取り付けられている」

「すべての精度がとてもいいんだ。だから問題はない」

「今日は、エンジンの始動が許可されると、2台ともすぐに始動できた。誰も遅くまで働く必要はなかった。とてもよく整備されたマシンなんだ」