FIA世界耐久選手権(WEC)最終戦バーレーン8時間レースの予選が行なわれ、ブレンドン・ハートレーがアタックを担当したトヨタ8号車がポールポジションを獲得した。

 これにより、8号車は1ポイント加算。このポイントは、僚友7号車とタイトルを争う8号車にとって大きな意味を持つ。8号車と7号車のポイント差が16に広がったことで、たとえ7号車が今回優勝して38ポイントを獲得しても、8号車は3位(23点)までに入ればタイトルを獲得できるのだ。

 予選では、ハートレーが1分46秒564をマーク。1分47秒053の小林に0.5秒ほどの差をつけた。

 3番手には、アレックス・リンがアタックしたキャデラックVシリーズ.Rの2号車が0.2秒差で続き、ケビン・エストレのポルシェ6号車が4番手につけている。

 フェラーリ499P勢はアントニオ・フオコがドライブした50号車が5番手。わずかながらタイトル獲得の可能性を残す51号車は、アレッサンドロ・ピエル・グイディがアタックし、6番手に留まった。

 なお、51号車は8号車と32ポイント差。逆転タイトルには優勝が絶対条件であり、8号車が7位以下に沈まなければならない。

 7番手にはポルシェ5号車、8〜9番手にはポルシェカスタマーのプロトン・コンペティション99号車と、JOTA38号車がつけている。

 プジョー勢はポールの8号車から2秒以上遅れ、93号車が10番手、94号車が11番手。12番手にヴァンウォールの4号車となっている。

 WECにおけるLMP2クラス最後の予選は、ユナイテッド・オートスポーツ23号車がポールポジション。クラスポイントリーダーのチームWRT41号車は10番手に終わった。

 LM-GTE Amクラスはアイアン・デイムスの85号車フェラーリがポールポジション。藤井誠暢擁するDステーション・レーシングの777号車アストンマーチンは2番手。今回、スケジュールの都合により欠場となった星野敏に代わり、リアム・タルボットが起用されアタックを担当した。

 また、木村武史がアタックしたケッセル・レーシング57号車フェラーリはクラス4番手、ケイ・コッツォリーノがエントリーしているAFコルセ21号車フェラーリは、クラス13番手となっている。