成績不振が続くレッドブルのセルジオ・ペレスの後任候補として、アルファタウリのダニエル・リカルドが最有力に挙げられる一方で、チームメイトの角田裕毅の名前は挙がってこない。角田はその理由としてリカルドがより「レッドブルらしさ」を兼ね備えているからだ示唆した。

 ペレスは現在レッドブルと2024年まで契約を結んでいるが、長引くスランプとシーズン途中での交代人事を行なってきたチームの過去から、ペレスの将来には疑問符が付きまとう。今季限りでチームを離脱するのではないかという噂も、多く飛び交っている。

 先日行なわれたメキシコシティGPでは、5番手スタートのペレスはターン1でフェラーリのシャルル・ルクレールと絡んでリタイア。その将来についてはさらに雲行きが怪しくなっている。

 そんな中ペレスの後任候補最有力と言われるのが、今季途中からアルファタウリに”復帰”したリカルドだ。リカルドはメキシコシティGP決勝を4番グリッドからスタートすると、7位でフィニッシュ。アルファタウリに復帰後初の入賞を果たし、その存在感をアピールした。

 しかしその一方で、リカルドのチームメイトである角田の名前は、ペレスの後任候補としてほとんど上がってこない。

 その理由についてmotorsport.comが角田に訊くと、彼はリカルドにまつわる噂は「理に適っている」という。

「ダニエルの方が経験豊富で、ファンの数も明らかに多いです」

 角田はそう語る。

「彼はより信頼されているドライバーですし、最も評価されているドライバーなので、理に適っています」

 そして角田は、レッドブル首脳陣に自身がトップチームに相応しいと証明するのは自分次第だと付け加えた。

「コンスタントに自分のパフォーマンスを発揮して、彼ら(レッドブル)にアピールする必要があります」

「僕がその候補になれるということは誰でも理解できるはずです」

「チェコ(ペレスの愛称)には来年の契約があって、僕らにできることはありません。何か変化を起こすことはできないと思います」

「僕はただ、結果を出し続けるだけです。それだけだと思います」

 リカルドは昨年限りでマクラーレンを放出されたものの、成績不振によって解雇されたニック・デ・フリーズの後任として、シーズン途中からアルファタウリでF1カムバックを果たした。

 ただ、リカルドはオランダGPのフリー走行中のクラッシュで左手の中手骨を骨折し、5戦を欠場。サンパウロGPはリカルドにとって怪我からの復帰3戦目である。

 角田はリカルドのカムバックを称賛し、彼の“エネルギー”と“スタイル”がレッドブルに合っていると認めつつも、リカルドに負けることはないと語った。

「(リカルドは)いい仕事をしています。特にマクラーレンから戻ってきた彼は、以前のチームと比べて(アルファタウリの)マシンにとても馴染んでいるみたいです」

「彼にはレッドブルのエネルギーがあると思いますし、彼の“レッドブルスタイル”がチームに合っているのかもしれませんね」

「でも彼に勝てないという心配はしていません。彼に勝てる自信がありますし、まだ彼から学んでいます」