F1では長年、予選でのトラフィックを巡る問題が課題となっており、サンパウロGPでもそれに関連する新ガイドラインが設けられた。

 ただ、それについても不満の声が挙がっていることから、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は「根本的な問題に目を向けるべきだ」と語った。

 特に出走台数の多い予選Q1では、各車がコース上でクリアラップを得るべく低速走行を行なうことで、渋滞が発生することが頭痛のタネとなっていた。しかし今年のイタリアGPからは基準となるラップタイムを設定し、これより遅く走ったドライバーを取り締まることとなった。

 ただ結果として、今度はピットレーン出口で停車することで間合いを測るドライバーが現れた。サンパウロGPでは、ピットレーン出口では追い抜きに十分なスペースをレーン右側に残した場合にのみ、減速することを可能とするガイドラインが設けられた。

 ただ、この施策に対してレッドブルのマックス・フェルスタッペンは「本当に酷かった」と評価。決勝用の予選では、3名のドライバーがピットレーンでの他車妨害によってグリッド降格ペナルティを受けることとなった。

 サンパウロGPでのガイドラインは、コースとピットレーン出口を仕切るウォールがあるインテルラゴス・サーキットに特化したモノ。motorsport.com の調べでは、各グランプリに合わせたガイドラインがその都度導入されるようだ。

 こうした微調整を続けるFIAに対し、レッドブルのホーナー代表は問題解決における焦点がズレていると語った。

 そもそも、なぜドライバーたちがトラフィックの問題を引き起こすアウトラップでのペース管理を注意深く行なう必要があるのか、をより深く調査する必要があるとホーナー代表は考えているのだ。

 新ガイドライン導入の結果、ピットレーン出口で芝生にマシンを落としながら他車を追い抜いていったフェルスタッペンの姿を目にしたホーナーは「我々は問題を複雑にし過ぎている」と語り、次のように続けた。

「ガレージを出る時、ピットレーンを走る時、そしてピットレーンを出る時にもルールがある。どうしてドライバーたちはああいうアウトラップなどをする必要があるのか、基本に立ち返る必要がある。根本的な原因を探らなくてはいけない」

 ドライバーたちがアウトラップをゆっくり走るのは、結局のところタイヤを適切な作動温度領域に入れ、予選アタックに向けて最適なトラックポジションを得るためだ。

 F1マシンのように空力がパフォーマンスの鍵となる場合、ドライバーは先行車が生み出す後方乱気流を特に嫌う上、気の散ることのないクリアな視界を得ることでより良いラップタイムを刻むことができるポジションを得ようとするのだ。

 ホーナー代表は、トラフィックの問題を解決するためには、その核となる要素を理解する必要があると語った。

「(アウトラップを遅く走るのは)タイヤ空気圧の問題なのか? タイヤ温度の問題なのか?」とホーナー代表は言う。

「50年もの間、F1には存在しなかったのだから、問題が起きる根本に立ち返る必要がある。なぜ今、それが問題になっているのか?」

「私としては、ベタベタ絆創膏を貼り続けるのではなく、根本的な原因に目を向けることが必要だと思う」

 またホーナー代表は、F1のようなパフォーマンス主義の世界では、得られるアドバンテージをチームが利用しようとするのは当然だと語る。

「非常に賢いエンジニアがいて、彼らは絶対的なアドバンテージを常に探し続けている。そしてタイヤはちょっとした“魔法”なんだ」

「タイヤを正しい作動領域に入れられるということには、ある種の神秘性がある。タイヤはクルマのパフォーマンスを大きく左右する。だからこそ、準備に注力するのだ」