インテルラゴス・サーキットで開催されたF1サンパウロGP。メルセデスは今回アメリカとメキシコ戦のような好調は示せず苦しんだ。この状況をチームのトト・ウルフ代表はかなり苦々しく思っているようだ。

 メルセデスはアメリカGPとメキシコシティGPで共にルイス・ハミルトンが2番手フィニッシュ。競争力を上げた状態で、昨年唯一となる白星を挙げたインテルラゴス・サーキットへと向かった。

 ただ昨年のようにメルセデスは強さを発揮できなかった。スプリントこそジョージ・ラッセルが4位に入ったが、タイヤのデグラデーション(性能劣化)に苦しんだことは明らかで、決勝ではハミルトンがトップから1分以上の差を付けられる8位フィニッシュ。一方でライバルでメルセデスPUを使うマクラーレンはランド・ノリスが2位、アストンマーチンのフェルナンド・アロンソが3位という結果をもぎとっている。

 メルセデスのトト・ウルフ代表はサンパウロGPのレースウィークで示されたパフォーマンス不足はチーム混乱させるもので、無視すべきではないと語った。

「パフォーマンスは揺れ動いているが、最速に近い位置から8位に終わるような揺れではないはずだ」

「個人的には、この13年間で最悪のレースウィークだ」

「全く理解できないと同時に、我々みんなにとって受け入れがたいモノだ。我々はしっかりした構造を持つ堅固なチームなんだ。しかし(今回は)そういうチームには見えなかった」

「この3連戦で、我々は力強い2位を獲得しているし、マックス(フェルスタッペン/レッドブル)にも挑戦してきた。その1週間後には、今のポジションになってしまう。これは受け入れがたいことだと思う」

 サンパウロGPでの苦戦原因について、メルセデスはシンプルな答えは無いと語っている。ただウルフ代表としては車高セッティングが保守的すぎたかもしれないと語っている。

 メルセデスはアメリカGPでハミルトンが2番手フィニッシュしたが、プランクが摩耗しすぎていたことから失格になってしまった。その反動で車高を保守的に設定したようだが、同時にウルフ代表はパフォーマンス不足について完全に説明のつく理由にはならないとしている。

「我々はマシンを高い車高で走らせていた。ただそれがパフォーマンスの観点から大きく離されてしまった主要な原因ではないだろう」

「メカニカルな何かが間違っているんだ。リヤウイングではないし、車高が少し高いからではない。なぜなら1ミリや2ミリメートルについての話だからだ。それもパフォーマンスに繋がってくるが、この大幅低下の説明にはならない」

 この状況は、チームが12ヵ月間で何も学なかったことを意味しているのか? そう訊かれたウルフ代表は、次のように答えている。

「不可解だ。本当に速いクルマや、バランスもベストでドライバーの満足するクルマから、悪夢のようなクルマまで。どうやったらそれが可能なんだ」

「何がどうなっているのか? どこが正しくないのか? 今後数日でマシンを分析し、メカニカルな問題があったとしても、驚かないだろう。ただどうなるかは今は分からない」