インテルラゴス・サーキットにて開催されたF1サンパウロGPでレッドブルのセルジオ・ペレスは、アストンマーチンのフェルナンド・アロンソに0.053秒及ばず表彰台を逃したものの、9月のイタリアGPで2位になって以来、最も競争力のある週末を過ごしたと言える。

 復調傾向を見せるペレスについて、レッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーはペレスが“基本”に立ち返った結果だという。

 ペレスは市街地レースが多かったシーズン前半に2勝を挙げたものの、レースを追うごとにチームメイトのマックス・フェルスタッペンから差をつけられるようになった。そしてイタリアGP以降は表彰台にも届かないレースが続いた。

 シーズン後半にはメルセデスのルイス・ハミルトンの猛追により、ペレスのドライバーズランキング2番手の座も安泰ではなくなった。

 そんなペレスは南北アメリカ大陸3連戦の初戦であるアメリカGPを前に、イギリス・ミルトンキーンズのファクトリーで2日間に渡って集中的にシミュレータセッションを実施。そこで大きな進歩を遂げたペレスの前進は本物だとホーナー代表は語った。

 それを裏付けるかのようにペレスは徐々にパフォーマンスを上げ、表彰台獲得も望める走りを見せた。

「彼は素晴らしい走りをしたと思う」

 サンパウロGPの週末を振り返ってホーナー代表はそう語った。

「ターン2で少しふらついてしまったため、今回ストレートでかなり速かったフェルナンドにチャンスを与えてしまった。彼はベストを尽くしたよ」

「でも、チェコ(ペレスの愛称)がルイスを上回ったことを考えると、彼にとって力強い週末になったと思う」

「スプリントで3位、(決勝では)予選でイエローフラッグの影響を受けて9番手グリッドとなってから4位と、彼にとってはとても良いポイントになったと思う」



 ペレスが今季マシンRB19に馴染めたように見えるのはなぜか? と尋ねられたホーナー代表は次のように答えた。

「彼はより基本的なことに集中していると思う。それが彼のためになっていると思う」

 また、ペレスはアメリカGP前のシミュレータトレーニングで、表彰台獲得に必要なモノが得られたと語っていた。そしてホーナー代表は、ペレスがサンパウロGPでより良いステップを踏むことができたと語った。

「彼の自信にとって重要だったと思う」とホーナー代表は言う。

「これが我々の知っているチェコだ。彼に何ができるかも知っている」

「彼がいつも得意としている市街地サーキットのベガス(次戦ラスベガスGP)に向けて、彼にとっての後押しになるはずだ。そしてそれから1週間後にはアブダビだ」