かつてルノーF1でチーム代表を務めたシリル・アビテブールは現在、ヒョンデのWRCチームの代表を務めており、チームをタイトルが争えるチームに育て上げようとしている。

 これまでフォルクスワーゲンでWRC含むモータースポーツ・プロジェクトの責任者を務め、ウイリアムズF1でもテクニカルディレクターを務めたフランソワ=グザビエ・ドゥメゾンを技術部門の責任者に起用するなど、ヒョンデはチーム強化を続けている。

 またドライバーラインアップについても、ティエリー・ヌービルに加え、オット・タナクが加入した。2019年にトヨタでWRCチャンピオンに輝いたタナクは、昨シーズンをMスポーツ・フォードで戦ったものの、1シーズンでチームを離脱。2020年から2022年にかけて5勝を挙げた古巣と2度目の契約を結んだ形だ。

『WRC.com』の取材に応じたアビテブールは、F1で圧倒的なパフォーマンスを発揮しているレッドブルとマックス・フェルスタッペンからヒントを得て、ヒョンデの壮大なビジョンを語っている。

「私自身のモータースポーツにおける歴史において、常に勝つための戦略を持ち、結果によって突き動かされてきた組織から刺激を受けてきた」

「私はレッドブルのことを考えている。率直に言って、もしオットがF1にいたら、間違いなくレッドブル・レーシングのドライバーになっていただろう」

「それがヒョンデにもたらしたいインスピレーションなんだ。WRCのレッドブル・レーシングになりたいし、オットは我々のフェルスタッペンになれるかもしれない」

 ヒョンデは2019年と2020年に2年連続でマニュファクチャラーズタイトルを獲得しているが、まだドライバーズチャンピオンは獲得したことがない。

 来季に向けてはマシンの改良作業が進められており、まずは信頼性の改善に集中。その後、現在WRCの王者に君臨しているトヨタに追いつくべく、パフォーマンスのアップデートに注力するようだ。

「やるべきことはやった。ホモロゲーションに合格するのはもう少し先だ。自分たちが何をしたいかはよく分かっているし、2024年に何をしたいかということもよく分かっている」

「2024年に向けた開発はかなり進歩しているので、ドゥメゾンは技術的な戦略を手にしているんだ」