アルファタウリのダニエル・リカルドが、初開催となるF1ラスベガスGPに向けてコメント。最近のチームの好調さに励まされていることを明かすと共に、通い慣れたラスベガスの地でグランプリを戦うことを楽しみにしていると語った。

 アルファタウリはアメリカGP以降高いパフォーマンスを発揮し、3戦連続でポイントを獲得。リカルドもメキシコシティGPで7位入賞を果たした。この7位という結果は、今季のアルファタウリにとっては決勝での最高リザルトである。

 この3戦で多くのポイントを稼いだことにより、それまでコンストラクターズランキング最下位だったアルファタウリは、一気に8番手まで浮上。7番手のウイリアムズまで7ポイント差と、逆転も不可能ではない位置まで迫ってきている。

 サンパウロGPでは、スタート直後に起きた事故の巻き添えを受けてマシンにダメージを負い、早々に周回遅れとなってしまったリカルド。しかしここ最近のパフォーマンスに励まされているようだ。

「ブラジルでのレースは、周回遅れとなってしまい苛立たしかった。残念ながらルールにはそう書かれているし、より多くのポイントを獲得するチャンスを逃してしまった」

 リカルドは前戦サンパウロGPをそう振り返る。

「この週末で心強かったのはスピードだ。良いペースがあったように感じたし、マシンに乗っている時のフィーリングもとても良かった。それはとても重要なことだ。クリーンエアの中で走ることができれば、もっと見せられるモノがあったと思う」

 ラスベガスはリカルドにとって、通い慣れた地であるという。そこで行なわれるラスベガスGPに向け、忙しく準備を整えてきたと、リカルドは言う。

「サンパウロGP以降、とても忙しい日々を過ごしてきた。日曜日の夜にイギリスに戻り、先週の水曜日にカリフォルニアに飛び立つ前に、1日をシミュレータ作業に費やした。カリフォルニアには僕の家があるし、そこのジムを使ってトレーニングすることができた。その他の時間はリラックスしたり、ラスベガスへ向けた準備に費やした」

「僕はこれまで、何度もベガスに行った。楽しい場所だよね。いつもオーストラリアの友達たちと夏休みに行ったり、本当にレジャーとして行っていたんだ。それとは異なる気持ちで行くのも、興味深いことになるだろう」

「非現実的な街で、光り輝く夜は特にそうだ。映画のセットの中でレースをしているような気分になると思うので、素晴らしいだろうね」

 ラズベガスGPのコースレイアウトは、有名な”ストリップ”を含む長いストレートを、低速コーナーで繋ぐような形。そして11月中旬、しかもナイトレースとして行なわれるため、気温や路面温度が著しく低くなると予想されている。

「シミュレータで学んだところによれば、長いストレートがたくさんあり、その後にはターンインとブレーキングが頻繁に繰り返される90度コーナーがあるから、本当にチャレンジングなコースだと思う。面白いレイアウトだと思うよ」

 リカルドはそう語る。

「良いレースになるといいね。長いストレートは、間違いなくチャンスになると思うし、場所によっては狭く曲がりくねっているところもある。独特の課題をつきつけられることになるだろう」

「寒くなるのも分かっているから、タイヤをうまく機能させ、ダウンフォースで十分なグリップを生み出せるかどうかが、ラップタイムを伸ばすための大きな鍵になると思う」

「グリップが低かった1年目のバクーのように感じるかもしれない。タイヤを機能させるためには、アウトラップでかなりハードにプッシュしなければいかなかったんだ」

 ラスベガスGPの週末は、走行以外にも様々な活動が予定されているというリカルド。しかしコース上では走りに集中するように努めると語った。

「走る以外にもたくさんのことがあるだろう。だから僕はゾーンに入って、気を散らすようなモノを排除することを目指している」

「プロモーション活動や、そのほかのことも楽しむことのバランスが重要だと思う。肝心なのは、僕はレースをするためにそこにいるから、それを最優先して、集中する必要があるということだ。特に今はウイリアムズとの差を縮めているところだから、ポイントを獲得するのが非常に重要なんだ」

「必要なのはシンプルなアプローチだと思う。休める時にはしっかり休み、集中すべき時にはしっかり集中して、エネルギーを注ぐ。少し気を抜ける時間があったらいいね。あまり頭がいっぱいにならないようにしたいと思う」