F1サンパウロGPでは大苦戦し、ポイントを獲得するのが精一杯だったメルセデス。同チームのルイス・ハミルトンは今週末のラスベガスGPについて、コース特性がサンパウロGPの舞台であるインテルラゴス・サーキットとは大きく異なるため、チームが好パフォーマンスを取り戻すことができると考えている。

 メルセデスはサンパウロGPで厳しい週末を過ごすことになった。好パフォーマンスを発揮したアメリカGP(失格にはなったが)やメキシコシティGP、そしてジョージ・ラッセルが勝利した2022年のサンパウロGPとは真逆の結果だった。

 メルセデスはサンパウロGPでセットアップに苦しみ、タイヤのデグラデーションが悪化。この状況によりチームは、パルクフェルメ状況下でマシンのセッティングを変更し、ピットレーンスタートとすることも検討したが、どんな変更を施すのがドライバーにとって最善か分からなかったため、最終的にはその手段は取らなかった。

 インテルラゴス・サーキットは、中間セクターがテクニカルセクション。一方で今週末のラスベガスGPの舞台であるラスベガス市街地コースは、長い直線と低速コーナーが組み合わされたレイアウト。その特性は大きく異なる。

 ハミルトンは水曜日の公式会見で、ラスベガスのコース特性が、マシンのセットアップを容易にすることを期待。しかしその一方で、マシンの空気抵抗が大きいため、ストレートでは苦しむことになるかもしれないと考えている。

「前回よりも、間違いなく自信は大きい」

 ハミルトンはラスベガスGPに向けた期待について尋ねられると、そう語った。

「まだチャレンジングだろうし、今週末タイヤを機能させるのは難しいだろう」

「僕らはストレートで最速ではないことが多い。ストレートであまり遅れず、コーナーで他のマシンについていけるかどうか、それが課題になるだろう」

「しかしここは最もテクニカルなサーキットというわけではないので、そのことにより少しでも楽になることを願っている」

 ハミルトンは、サンパウロGPはメルセデスにとって過去10年の間で「間違いなく最悪のレースのように感じた」と語り、その理由を「間違った場所にマシンを置いてしまった」と説明。さらに次のように続けた。

「このクルマには、明らかにポテンシャルがある。これまで僕らは、2戦にわたって素晴らしいレースをしてきた。僕らはそれを間違った場所に運んでしまった。それは僕ら全員の責任だ」