11月20日、TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は2023年シーズンのWEC(世界耐久選手権)、WRC(世界ラリー選手権)のシーズンエンド報告会並びに2024年シーズンの体制発表会を実施。WECは新たなドライバーを迎え入れることが発表された。

 2023年シーズンのTGRは、例年通り7号車、8号車の2台体制でWECのハイパーカークラスに参戦。ル・マン24時間レースはフェラーリに優勝を譲ったものの、それ以外の全てのレースで優勝を飾り、マニュファクチャラーズタイトルに加えて8号車のセバスチャン・ブエミ、ブレンドン・ハートレー、平川亮がドライバーズタイトルを獲得した。

 2024年シーズンに向けては、ディフェンディングチャンピオンとなる8号車はブエミ、ハートレー、平川のラインアップを継続。一方で今季7戦中4勝を挙げてランキング2位となった7号車は、ホセ・マリア・ロペスに代わってニック・デ・フリーズが加入し、小林可夢偉とマイク・コンウェイとトリオを組むこととなった。

 デ・フリーズは今季、アルファタウリからF1デビューを果たしたものの、成績が振るわずシーズン途中で放出された。ただ彼はかつてTGR WECチームでリザーブドライバーを務めた経験もあり、実際アルファタウリと契約するまでは、トヨタのドライバーとして2023年のWECに参戦する契約を結んでいたと見られる。

 そして今回、デ・フリーズは正式にハイパーカークラスデビューを果たすことが決まった。彼にとってWECフル参戦は2019-2020シーズンにLMP2クラスから参戦して以来となる。またデ・フリーズはマヒンドラからフォーミュラEを戦うことも決まっており、WECと並行しての参戦となる。

「耐久レースに復帰することになり、とても嬉しい。ましてやTOYOTA GAZOO Racingからの復帰だからなおさらだ」

 デ・フリーズはそう語った。

「耐久レースは僕がずっと楽しんできたものだし、今すごく勢いのあるカテゴリーだ」

「僕は数年間、別の役割でこのチームに在籍していたけど、レースに出られるチャンスはなかった。そのチャンスがやってきたのは素晴らしいことだし、チームの継続的なサポートと信頼に感謝したい」

「マイクとカムイと7号車に乗れることをとても楽しみにしている。ふたりとも多くのことを成し遂げてきた非常に才能のあるドライバーだし、素晴らしいチームになると確信している」

 デ・フリーズの加入により、ロペスはハイパーカークラスから去ることになった。しかしロペスは来季もWECでトヨタとの関係を継続する。トヨタは新設されるLMGT3クラスにレクサスブランドで参戦するが、ロペスはASPの一員としてRC F GT3をドライブすることになる。