TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は、宮田莉朋を2024年にはFIA F2とELMS(ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ)に参戦させることを発表。それに合わせ、WEC(世界耐久選手権)でトヨタのリザーブドライバーを務めることになる。

 2023年はスーパーフォーミュラとスーパーGTのGT500クラスという、日本国内の二大カテゴリーでタイトルを獲得した宮田。来季はその活躍の舞台を、完全に海外に移すことになる。

 宮田が2024年に参戦するのは、F1直下のF2とELMS。これに加え、WECではトヨタのリザーブドライバーを務める。

「まず、F2とELMSでドライブする機会を与えてくださったモリゾウ(トヨタ自動車の豊田章男会長)さんはじめ、TGRの皆さんには感謝の言葉しかありません」

 そう宮田は語った。

「2023年からWECチャレンジプログラムの育成ドライバーに選出されて、チームに帯同して欧州へ行く機会が増えたり、TGR-Eでハイパーカーのシミュレーターテストに参加したり、世界で活躍したいという僕の思いに、多くの皆さんがサポートしてくださいました」

「そういった意味でも皆さんの期待に応えたいですし、これからも感謝の気持ちを持って活動していきたいと改めて感じています。また、今回TGR WECチームのリザーブドライバーにも選んでもらえたことはすごく光栄ですし、自分にもそういうチャンスが生まれてきたことを嬉しく思います。」

「の機会を与えてくださったモリゾウさん、佐藤(恒治/トヨタ自動車)社長をはじめ、TGRの皆さんはもちろんのこと、ヨーロッパのチームの皆さんにも感謝しています。いつ、どんなときでも、レースに出てと言われたら自分がチームに貢献できるようにしっかり準備していきたいです」

 宮田が来季、F2とELMSで所属するチームについては、まだ明らかにされていない。ただ、両方のシリーズに参戦するためには、来季はほとんど日本に戻れないということになるだろう。

 当初宮田は、来年もスーパーフォーミュラへの参戦を継続し、WECのLM-GT3クラスにも並行して参戦することになると予想されていた。しかし、宮田はF2へ参戦することが決まった。トヨタの説明によれば、マクラーレンのリザーブドライバーに平川亮が就任したことが、宮田がF2に参戦することに一役買ったという。

「昨年からWECチャレンジプログラムとして宮田を育成ドライバーに選出し、彼の2024年の活動をプランニングしてきた立場として、F2そしてELMS、この二つの活動機会を実現できることを嬉しく思いますし、関係者の皆さんに感謝したいです」

 TOYOTA GAZOO Racingヨーロッパの中嶋一貴副会長はそう説明した。

「特に今回のF2参戦は、モリゾウさんが平川のマクラーレンF1リザーブドライバーというチャンスを後押しし、応援してくださったからこそ、切り開くことができたものですし、そこに宮田自身の23年の活動成果も相まって実現できたものと思います」

「宮田にとっては、フォーミュラと耐久、どちらの経験も積みながら、彼の頑張り次第ではその先の様々な可能性が開ける素晴らしい機会となります。そんなプログラムを2024年に実現できることは僕自身も非常に嬉しいですし、気の引き締まる思いです」

「今後もグローバルに、様々なチャンスを切り開いていくためのプログラムにしていかなければならないと思いますし、ホセがWEC GT3でドライブするように、経験あるドライバーから若手にフィードバックしていけるような仕組みも作っていきたいです。世界中の拠点間で連携をして、日本人に限らず、様々なドライバーがチャレンジできる環境を作っていく、そんなプログラムにしていきたいです」