今年までF1直下のFIA F2を戦ってきた岩佐歩夢が2024年のスーパーフォーミュラにTEAM MUGENから参戦することが決まった。

 岩佐は2019年に鈴鹿サーキット・レーシングスクール(現ホンダ・レーシングスクール・鈴鹿)を卒業すると、2020年からヨーロッパで武者修行。同年のフランスF4を制すと、2021年はFIA F3をランキング12位で終えて翌年からFIA F2にステップアップを果たした。

 F2初年度はランキング5位となった岩佐は、2023年もF2への参戦を継続。最終戦アブダビを残した段階で、チャンピオンの可能性を持ってランキング3番手につけている。

 そんな岩佐の来季の去就が早くも決まり、TEAM MUGENから日本のスーパーフォーミュラに参戦することとなった。チームメイトは2021年と2022年のスーパーフォーミュラ王者である野尻智紀だ。

 TEAM MUGENは2023年シーズン、ドライバーズタイトルこそ逃したものの、野尻とリアム・ローソンを擁してチームタイトルを獲得。ローソンの後任となる岩佐は、申し分ないサポートを受けてスーパーフォーミュラ初年度に臨むこととなる。

「F2での経験を経て、世界につながるスーパーフォーミュラに参戦できること、また母国である日本でレースができることを嬉しく思います」

 岩佐は発表に際して、そう語った。

「F1に次ぐ速さのスーパーフォーミュラは、F2を戦いながらも情報を追ってきたシリーズで、自分にとってとても刺激的な挑戦となります」

「世界の頂点を目指し、その立場に居続けるという『夢』の実現に向かって、最大限の努力をします。日本のファンの皆さん、ぜひ応援をよろしくお願いします」

 なお岩佐は、F1の2023年最終戦アブダビGP後にヤス・マリーナ・サーキットで行われるポストシーズンテストにアルファタウリから参加することも決まっており、岩佐はそこでF1マシンを初ドライブすることとなった。