F1アブダビGPを5位で終えたランド・ノリス(マクラーレン)は、スペースを空けていたにも関わらず接触してきたセルジオ・ペレス(レッドブル)を強烈に皮肉った。

 58周で行なわれたレースの終盤、47周目に4番手を走行していたノリスの背後にペレスがつけ、オーバーテイクのチャンスを伺っていた。

 そしてペレスはストレートエンドのターン6へのブレーキングでノリスのインに飛び込んだが、エイペックスにつけずアウト側のノリスと接触。ノリスはターン7イン側のランオフエリアに飛び出した。

 この接触でペレスには5秒のペナルティが科せられ、最終的に2番手でチェッカーを受けたペレスは4位に降着した。

 ノリスは、ペレスにポジションを譲ろうとしたにも関わらず接触したことが「印象的だった」と語った。

「彼は(エイペックスで)僕の前にいた。僕は彼に抜かせようとしたんだ!」

 接触を振り返ったノリスはそう話した。

「僕はエイペックスから4台分は離れていた。どういうわけか、彼が僕のクルマに突っ込んできたんだ……印象的だよ」

「僕は文字通り彼を抜かせようとしたんだけど、なんでか僕にクラッシュしてきたんだよ」

 ペレスは自身に科せられたペナルティに納得できず、フィニッシュ後に無線で「スチュワードはジョークだよ。信じられない。今年のスチュワードはひどかったけど、これはジョークだ。本当に冗談みたいだよ」と不満を爆発させた。

 その後、スチュワードに呼び出されたペレスは、国際競技規則に違反する”個人的な侮辱”をしたとして警告を受けている。

 ノリスは最終的にドライバーズランキング6位(205点)でシーズンを終えたが、ランキング4位のフェルナンド・アロンソ(アストンマーチン)、およびランキング5位のシャルル・ルクレール(フェラーリ)にわずか1ポイント及ばなかった。

 ランキング4位を逃したことについて、ノリスは次のように語った。

「(ランキング争いが)頭の片隅にあったか? イエスだ。4位になりたかった? イエスだ」

「でも(2番手スタートの)シャルルが前に出てしまった。彼はとても良い週末を過ごした」

「チャンピオンかそれ以外かなんだから、あまり気にならないよ……何も変わらないし、僕のメンタリティを変えることもない」

 ノリスは、マクラーレンが低速コーナーで苦戦を続けていることや、オーバーヒートしやすいピレリタイヤによってレースペースが上がらず、戦えなかったと付け加えた。

「苦戦していた場所は明確で、低速コーナーばかりだった。ターン5、6、7。それから12、13、14。つまりほとんどすべてのコーナーだ」

「正直なところ、温度が低かったからもう少し期待していたんだけど……だから、何かが足りなかったのは確かだ」

「ペースが足りなかったから、メルセデスやフェラーリについていくためにハードにプッシュしなければならなかった。そうしたら、あっという間にタイヤを壊してしまった」