2023年シーズンのスーパーフォーミュラで宮田莉朋、リアム・ローソンと激闘を繰り広げた末、シリーズ3連覇を逃した野尻智紀。そんな彼が最終戦を終えた後に語った来季以降への展望は非常に興味深いものだった。

「色々なチャレンジをしてみたいです。日本じゃないところでのチャンスもあればいいなと思っています」

 国内トップフォーミュラで2度のチャンピオンという実績を残した野尻が、将来的な海外レースカテゴリーへの挑戦に意欲的なコメントを残したのだ。現在の日本を代表するトップレーサーの“意思表示”は話題となったが、TEAM MUGENと複数年契約を結んで2024年以降もスーパーフォーミュラに参戦することとなった野尻に、この発言の真意について改めて聞いた。

 野尻によると、海外カテゴリーに挑戦したいという意思があるのは確かだという。しかしその一方で、現状野尻にとって特に魅力的に感じるレースカテゴリーが海外にないというのも、彼の心境を複雑なものにしている。

「F1はもちろん、インディカーだったり、WECやIMSA、そういったところに挑戦してほしいという声を、ファンの方からありがたいことにいただいています。ただ、自分の価値観の中ではそこまで魅力を理解できていないところもあります」

 確かに日本人ドライバーの海外カテゴリー挑戦というと、F1の他にインディカー、WEC、IMSAといった名前が挙がりがちだ。F1に関しては、参戦メーカーやチームの育成プログラムに属していないベテランドライバーがシートを得るのは難しい状況にあるが、インディカーにおいては様々なキャリアパスがあるため、国内で実績を残したドライバーの“次なるステップ”として期待されることが多い。

 実際にインディカーへの関心を公言する国内のドライバーも少なくないが、野尻はやや価値観が異なるようだ。それでは、彼がレースカテゴリーを評価する上での“軸”はどこにあるのだろうか?

「自分の中では、速いクルマに乗りたい、というのがあります」

 そう語る野尻。“速い”のものさしは人ぞれぞれだろうが、野尻としては“クイック&ライト”なスーパーフォーミュラのマシンが「すごく楽しいマシン」だと感じるのだという。

「今のスーパーフォーミュラはすごく速いですし、ドライビングしていると、自分自身を興奮させるものがあります。他のカテゴリーのクルマに実際に乗ったわけではありませんが、インディではストリートサーキットだとまた違った技術が求められます」

「陸上競技でも競技ごとにそれぞれ違ったものが求められるように、(レースカテゴリーによっては)全く違う競技に見えちゃうんですよね。ストリートサーキットが好きな人もいると思いますが、僕としては『ただ思い切りいけたやつが速い』みたいな感覚があって、個人的には合わないというか、自分を興奮させるものがあるのだろうか、と思ってしまいます」

「ただ、(海外カテゴリーに)挑戦したいという気持ちはあるんですよね。そこのアンバランスさが自分を迷わせている、というのはあると思います」

■世界で戦う猛者とも「そんなに変わらないんじゃないか」

 このように、複雑な心境について明かした野尻。特段魅力に感じるカテゴリーがない一方で、海外に挑戦したいという意思はある。それはつまり、世界に出て自らの実力を試したいということなのか? そう尋ねると、野尻はおもむろに口を開いた。

「言うほど変わらないんじゃないか、というのは感じたりします」

「(マックス)フェルスタッペンや(ルイス)ハミルトン、F1のトップチームにいる数人はとてつもない速さを持っていると思いますが、それ以外で言うと、そんなに変わらないんじゃないかと思います」

 こういった感覚は、10代、20代前半の頃から少なからず野尻が感じていたことだった。トニーカートのワークスチームでカート世界選手権に参戦していた時は、今やWECのフェラーリ使いとして名高いジェームス・カラドがチームメイトで、下位クラスのチームメイトにもフォーミュラE王者のアントニオ・フェリックス・ダ・コスタや元F1ドライバーのウィル・スティーブンスがいた。フォーミュラBMWでマカオを走った時も、カルロス・サインツJr.とトム・ブロンクヴィストの間に割って入り2位になった。「世代を代表する選手がいた中で、速さ自体はそんなに変わらないんじゃないかと思いました」と野尻は振り返る。

 ただそれからの野尻は、劣等感と戦う日々が続いた。スーパーフォーミュラへのステップアップは果たすも、年間チャンピオンにはなかなか手が届かない。2016年には、GP2王者の肩書きを引っ提げて来日し、同じチームで走ったストフェル・バンドーンにリザルトで大きな差をつけられた。昨年のインタビューでは「それまでチームメイトに対して、明確に『これ無理だろ』という差を感じたことはなかった」と当時を想起していた。

 しかし、2021年にはついに悲願のシリーズチャンピオンに。2022年も圧倒的な強さで連覇を果たした。そして今シーズン、7年越しにローソンという“F1候補生”をチームメイトに迎えたが、シーズンを通して得た感覚はバンドーンの時のそれとはかなり異なっていたに違いない。F1という“頂上”が、7年前よりも随分近くに見えているのだろう。

「リアムが今年来てくれて……同じような感じなんですよね」

「当然、リアムと比べると歳はとっていますが、F1とかって今の自分くらいでも大丈夫なのかなって。もっと高いところにあるような気がしていたので。それは自分の技術が上がったということなのかもしれないですが……何と言葉にすれば良いのか分からないですけどね(笑)」

「だから意外とやれるんじゃないかと思います。究極のスペシャルなドライバーというのは、何人かだと思うんですよね。そのスペシャルに届くかどうかは別ですが、あの中に混ざったとしても、普通な感じでレースができるんじゃないかと。もちろん努力は必要ですけどね」

「いずれにしても、挑戦できる機会があったら挑戦したいと思います。自分の技術が高くなってきた今だからこそ、そう思うところはあります。これまでは正直、挑戦しても無駄だと思うくらいの技術だと思っていましたが、今だったら挑戦したら面白いんじゃないかなと思います」