11月28日、MotoGPはバレンシアで2024年シーズンに向けた最初のテストを実施した。このテストは示唆に富んだモノとなったが、中でもグレシーニでドゥカティのバイクを初めてテストしたマルク・マルケスがひときわ注目を集めている。

 現地時間午前10時からスタートしたテストではドゥカティ・デスモセディチGPでのマルケスの初走行の瞬間を求め、グレシーニのガレージ前に多くのメディアが人だかりをつくった。そして手も凍る寒さの中1時間以上を過ごした後、マルケスがついにコースへと出て行った。

 ドゥカティマシンでの初走行は8周にわたって行なわれた。この時マルケスは1分30秒683までタイムを縮め、この時点で3番手となるタイムを記録した。もちろんテストでのタイムはあまり重要とは言えない。しかしこのタイムは11年間ホンダ・RC213Vに乗ってきたライダーがドゥカティのバイクに乗り換えてすぐに出したモノであるにもかかわらず、バレンシアGP決勝での彼のファステストラップにわずか0.2秒のところまで迫るものだったのだ。

 さらに目を引いたのは、最初の走行を終えて戻ってきたマルケスが、椅子に座ってヘルメットを脱いだ際に見せた笑顔だろう。あの瞬間、マルケスは内心安堵していたのか? その答えはホンダとの契約が残る今の彼が語ることはできない。しかしグレシーニのスタッフの言葉から、それを察することはできる。

「すばらしい1日だった」

 そう語るのはグレシーニのスポーティングディレクターを務める、ミケーレ・マシーニだ。

「大事なのは気持ちなんだ。気持ちが、雰囲気がそこにはあった。我々は長いシーズンで少し疲れていたが、今日のテストを終えて2024年の開始が待ちきれないよ」

「契約については皆も知っているだろう。私もこれ以上は言えないが、今日のタイムシートが物語っていると思う」

 実際、マシーニが語るようにタイムシートはドゥカティに乗ったマルケスの可能性を悠然と物語っている。全部で49周を走行したマルケスは、走るごとにタイムを縮め、残り1時間半の終盤に1分29秒460をマーク。この時点のトップタイムであり、この時メディアセンターはどよめきが広がった。この時の室内には、タイトル争いが繰り広げられた最終戦と同じか、それ以上の熱と感情が渦巻いていた。

 最終的にマルケスはこのタイムを自己ベストとしてテストを終えた。トップタイムを記録したマーベリック・ビニャーレス(アプリリア)からは0.171秒差、そしてドゥカティ陣営でトップとなったマルコ・ベッツェッキ(VR46)との差はわずか0.093秒だった。

 バレンシアテストでのマルケスの走りでは、もうひとつ見るべき点がある。それは彼が一度も転倒せずにテストを終えたことだ。

 これまでホンダで転倒に転倒を重ねてきたマルケスが転倒しなかったという結果はふたつの事実を示唆している。ひとつはドゥカティのマシンのフロントエンドの感触が良好なこと、そしてもうひとつはマルケスが本当に限界までプッシュしていなかったということだ。特にマルケスが限界まで攻めていなかったという点は、ライバルたちを冬の間悩ませることになるだろう。

 もちろん、バレンシアGPを通じてラバーがのり、コースコンディションが改善されていることも事実だ。そしてテストプランはそれぞれ異なり、全員がタイムアタックをしている訳でも無い。”テストは単なるテスト”であり、ベッツェッキも一般的にはバレンシアテストのタイムに「意味はない」と語っている。

 そのため、マルケスのドゥカティ初ライドを評価するのは難しい。しかし、このテストがマルケスにとって重要だったと考えられる指標は存在する。

 まずは他メーカーからドゥカティに移ってきたライダーの事例だ。2010年にヤマハから移籍したバレンティーノ・ロッシの事例(当時と今ではデスモセディチGPは全く異なるバイクとなっているが)では、トップから1.8秒差。ドゥカティでの2年間では表彰台はわずか3回で、後に移籍は失敗だったと認めることになる。

 ふたつ目はホルヘ・ロレンソの事例だ。2016年のバレンシアテストで、彼はロッシよりはポジティブにテストを進め、2日のセッション終了時にはトップから0.769秒差。2017年のドゥカティデビューイヤーにロレンソは3回表彰台を獲得し、2018年には3勝を挙げている。

■楽しみを取り戻すマルケス

 つまりマルケスはこの2人よりもすでにトップへ接近するペースを示しているということになる。もちろん今のマシンはチャンピオンシップを制している強いマシンではある。

 こうした指標は注目に値する。そして同時にそれほど大きな意味はないという反論も可能なモノだ。ではより適切な比較ができる点は何かといえば、それはセクターベストタイムだ。

 バレンシアテストで、マルケスはセクター3(ターン7からターン11出口)で最速タイムとなる21秒215をマークしている。このセクターの中で、マルケスは回り込むようなターン8でタイムを稼いでいるようだった。なおマルケスは左回りのコースを得意としているが、それはホンダが大苦戦する中でも彼が示していたことだ。

「ここ(メディア対応)に来る前、マルクのスタイルを確認するためにデータをチェックしていたんだけど、最初から本当に良かったよ」

 ドゥカティファクトリーチームのエネア・バスティアニーニは、マルケスについてそう語った。

「彼はスピードを発揮するのが本当に早い。ドゥカティのマシンが第一印象から良かったんだろう」

「彼のタイムアタックも確認したけど、凄く良かったね。おそらく彼はドゥカティライダーの中でもターン8で遥かに速い。あのコーナーでの彼は印象的だった。他の部分は普通だった。来シーズンどうなるか興味深いよ。このテストが複雑だというなら、来シーズンは誰にとっても複雑なことになるだろう」

 他のライバルもマルケスの示すペースには驚いていなかった。2023年の王者フランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)は「彼は僕らのバイクに満足できるだろうし、とてもハッピーになれるだろうね」と答えている。またファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)もマルケスが記録した1分29秒4というタイムをそれ以前から正確に予想していた。

 マルケスのドゥカティデビューが成功しているというのは様々な面から明らかなことだ。この1年間最悪の時間を過ごしたホンダで見せていたボディランゲージは彼の感情を雄弁に物語っていたが、マシーニに、今回の7時間のテストの間でマルケスの感情に変化は見られたかと聞くと、彼は「見たよ」とだけシンプルに答えている。

 マルケスはホンダ離脱とグレシーニ移籍を発表して以来、勝利が最優先事項ではないと主張しており、ライディングを再び楽しむ気持ちを再び見つけ、過去4年間の自身への疑念を取り除くことを目指しているとしていた。

 そして、バレンシアテストの後、彼の目標は既にその両方が達成されつつあるように見える。