12月4日、スーパーフォーミュラに参戦するB-Max Racing Teamは、12月6日〜8日に鈴鹿サーキットで開催される合同テスト兼ルーキードライバーテストのラインアップを発表。木村偉織、小出峻、ノーラン・シーゲルという3人のドライバーを起用することを明らかにした。

 2023年シーズンは松下信治とラウル・ハイマンを起用して2台体制で戦ったB-Max Racing。鈴鹿テストではフレッシュなドライバーたちを起用する。

 まず50号車に乗ることになるのが木村。彼は今季、B-Maxからスーパーフォーミュラ・ライツ(SFライツ)に参戦。2年目にしてシリーズチャンピオンを獲得した注目のドライバーだ。

 そして51号車は小出とシーゲルがシェアすることになる。小出は木村と同じく、ホンダの育成ドライバーとしてSFライツに参戦し、ランキング3位。スーパーGT・GT300クラスでもタイトル争いに加わった。一方のシーゲルはアメリカ出身、弱冠19歳の若手ドライバーで、今季はインディNXT(旧インディ・ライツ)でランキング3位を獲得した。

 なおB-Max Racingは11月末に岡山でSFライツの合同テストに参加。その際はこちらもアメリカ出身でFIA F3を戦うケイレン・フレデリックと、スーパーGT・GT300に参戦する岩澤優吾を起用していた。

 開催を目前に控えた鈴鹿テストは例年、直前までエントリーリストが発表されないことが通例だが、今季はホンダ系チームの中でもプライベーター的立ち位置にあるTGM Grand PrixとB-Max Racingが先立ってテスト参加ドライバーを発表。チャンピオンチームのTEAM MUGENも既に来季は野尻智紀と岩佐歩夢を起用すると発表しており、テストにもそのふたりが参加する形となる。