マクラーレンF1が2023年シーズンを通して、マシンのアップデートでパフォーマンスを向上させたのは印象的だった。

 一方でサンパウロGPとアブダビGPの予選でランド・ノリスがミスを犯すなど、マシンが限界ギリギリの領域で不安定になるという厄介な特性も備わってしまったのではないかと、シーズン終盤になって考えるようになったようだ。

 冬の間にこの問題を調査したマクラーレンは、問題の引き金となったコンセプトの特徴をいくつか発見したことを示唆している。

 そして2024年のマシンであるMCL38の開発でそのいくつかに対処することはできたものの、チーム代表のアンドレア・ステラは、2024年シーズンが開幕するまでチームがすべてを把握することはできないと示唆している。

 motorsport.comの取材に対し、ステラは次のように答えた。

「我々のクルマは速くなったものの、予選で限界まで攻めた時にパフォーマンスを引き出すのが少し難しくなったのではないかと自問自答していた」

「我々はまず、この疑問が正しいものなのか、それとも単にランダムなエピソードのようなもので、技術的に相関関係がないのかを確認した」

「我々はそれを調べることができたと考えている。それは空力面にも影響する」

 空力が問題のようにも思えるが、ステラ代表曰く現在のグラウンドエフェクトカーは車高が非常に重要な役割を果たしているため、ビークルダイナミクスの要素も関係していると語った。

「今のクルマにおいて、エアロダイナミクスと乗り心地は密接な関係にある。このクルマは地面に対してできるだけ低い位置で走らせたいと考えているからだ」

「これはどのチームにとっても課題のひとつだ」

「例えば、適切な妥協点はどこなのかを、具体的な実例を挙げながら考えた。これは注目に値する分野だ」

「知的財産を保護するために公表しないが、他にもそうしたエリアがある。だがそれは、この冬の優先事項のひとつだった」

 ステラ代表は、そうした部分での改良が一部、2024年マシンの開幕仕様に搭載される可能性が高いとしながらも、その時点で完全に解決されるわけではないという。

「恩恵の一部はローンチカーに組み込まれるかもしれない。しかし実際にはいくつかのプロジェクトは一連の(開発プロセスの)流れの中に属し、他の開発と一緒にされるかもしれない」

「対応に数ヵ月を要するものもある、と言っておこう」