フェラーリF1は2024年シーズン開幕に向け、新たにFIA F2を戦っている育成ドライバーのオリバー・ベアマンをリザーブドライバーに追加することを明らかにした。

 フェラーリはこれまで、アントニオ・ジョビナッツィとロバート・シュバルツマンの2人をリザーブドライバーとしてきた。しかし彼らはフェラーリのWECハイパーカープログラムのドライバーでもあるため、常にF1のレースでスタンバイできるわけではなかった。

 一方で2024年のF1は史上最多の24戦が予定されている。そうした中でフェラーリは育成下に置いているベアマンをリザーブドライバーに加えることを選んだ。

 プレマで2年目のシーズンを迎えているベアマンは、自身のレースと重なるF1のレースウィーク、そして支障をきたさない週末にこの役割に対応することになる。

 なおベアマンは昨年、フィオラノで2021年のマシンSF-21でテストを行ない、その後はメキシコシティGPとアブダビGPでハースからFP1に出走。最終戦後のアブダビテストにも参加している。

 その他ではフェラーリはF1ドライバーであるシャルル・ルクレールの弟アーサー・ルクレールに、2月初旬に2022年マシンのF1-75の走行機会を与える予定となっていることも分かった。なおアーサー・ルクレールはフェラーリの育成プログラムを昨年12月に離脱しているが、サポートは継続するとされていた。

 アーサー・ルクレールはフェラーリのダビデ・リゴン、アントニオ・フォッコと共に開発ドライバーの役割を担うことになる。チームによると「主にシミュレーションでの車両開発作業やセットアップ作業、シーズン中に持ち込まれるアップデートなどの作業」を行なうことになるという。

 なおアーサー・ルクレールはScuderia Baldini 27のイタリアGT選手権とこのプログラムを組み合わせて行く予定だ。

 2024年シーズンに向け、フェラーリは1月29日から31日までバルセロナで行なわれるピレリタイヤテストでトラック上のプログラムをスタートさせる。このテストには昨年のSF-23でシャルル・ルクレールとカルロス・サインツJr.の2人が最初の2日間参加することになる。

 なおここでは並行して2022年のSF-75も走行。初日はアーサー・ルクレール、2日目は兄シャルルやサインツJr.も走行させ、最終日にベアマンがステアリングを握る予定だ。

 フェラーリF1は2024年の新車発表を2月13日に行なう予定だ。