先日、フェラーリはシャルル・ルクレールと新たなF1ドライバー契約を結んだことを発表した一方で、2024年末に現在の契約が切れるチームメイトのカルロス・サインツJr.のチームでの将来についてはまだ不透明だ。未だサインツJr.の契約更新が発表されない理由として何が考えられるのだろうのだろうか?

 サインツJr.は以前、自分のF1での将来が決まらないまま2024年シーズンを迎えたくはないと公言してきた。

 昨年6月motorsport.comの独占取材に応じたサインツJr.は次のように語った。

「正直に言うと、次の年にどこでレースをするのか分からないまま契約最終年を迎えるのは嫌なんだ」

「レッドブル(トロロッソ)とルノーの両方でそのようなプロセスを経験した。アスリートとして、そしてドライバーとしてそれが理想的でないことは分かっている。だから、この冬は自分の将来を考えるための時間に使ったんだ」

 サインツJr.のこのスタンスは、フェラーリ側の考えとは食い違ってはいなかった。チーム代表を務めるフレデリック・バスールは、イタリア・マラネロで行なわれた恒例のクリスマスランチの席で、新シーズンが始まる前にフェラーリの両ドライバーの契約を整理することが明確な「目標だ」と名言していたほどだ。

「会って話し合いを始めたが、当初の計画より多少遅れている」とバスール代表は当時語っていた。

「全く問題だとは思っていないし、すぐに決断を下すつもりだ」

 サインツJr.とバスール代表が語った目標の“期限”までまだ時間は残されている。しかしフェラーリが両ドライバーの契約発表を同時に行なうのではなく、ルクレールひとりを発表したということは、サインツJr.を取り巻く事態は予想されていたような規定路線だった訳ではないのではないかという意見も出ている。

 サインツJr.は2026年シーズン終了までの2年間の契約延長を望んでいるようだが、合意まだ遠いようだ。

 フェラーリはサインツJr.と交渉を行なう一方、水面下では2024年限りでウイリアムズとの契約が切れるアレクサンダー・アルボンと話を進めているとも囁かれている。ただフェラーリがルクレールのみの契約更新を発表したことで、事態を深読みし過ぎている可能性もある。他のチームと違って、フェラーリがふたりのドライバーを同時に発表することはほとんどないからだ。

 フェラーリには時間の猶予があり、まずルクレールの契約を更新し、次にサインツJr.との複数年契約締結に取り掛かるということも考えられる。

ルクレールとのコンビ

 フェラーリから見れば、サインツJr.がチーム残留に足る存在かどうかを疑問視する理由はほとんど無い。

 マラネロで過ごした過去3シーズンでのサインツJr.のパフォーマンスは上々で、ルクレールとのコンビは、チームを後押しする最も完璧なコンビのひとつとなっている。

 ルクレールには予選やバトルで際立つ天賦の才がある。一方でサインツJr.は優れたノウハウと技術的な感性を備えた完璧なプロフェッショナルであり、エンジニアにとって非常に有益な資質を持っている。

 ふたりのドライバーの差はわずかなモノだが、チームの総合力を引き上げる上でお互いを補完し合っている。競争力のあるペアを継続的に起用できることは、F1チームにとってコース内外で有用だ。

 しかしフェラーリとサインツJr.の代理人との交渉が予想以上に長引いている事実に変わりはない。そして交渉の進展が何も聞こえてこないことで、実際に何が起こっているのかと憶測を呼ぶこととなっている。

 しかし明らかなのは、昨年唯一レッドブルに土をつけたサインツJr.が前回よりもはるかに有利な条件で交渉できる立場にあるということだ。

 フェラーリは2022年の4月21日にサインツJr.と2年契約を結ぶことを発表した。当時はルクレールが開幕から3レースで2勝と2位表彰台、サインツJr.がバーレーンGPで2位、サウジアラビアGPで3位を獲得していた。

 そこから時を経て、サインツJr.は金銭面だけでなく、契約期間など他の契約内容も含めて、より良い条件を見据えている可能性が高い。

 またフェラーリは、ルクレールとの契約更新発表の際にその期間を明かしていないが、それはチームの長期戦略を理解する上で重要なデータであり、ほぼ間違いなく偶然ではない。

 仮説通り、ルクレールとフェラーリの契約が2027年末までの3シーズン(2025年〜2026年+1年のオプション)だとすれば、フェラーリがルクレールをチームの未来を築く上で重要な柱と見なしていることがまたひとつ裏付けられたこととなる。

 このようなシナリオでは、サインツJr.の役どころは難しくなる。現在フェラーリがNo.1ドライバーとNo.2ドライバーを明確に別けているとの指摘はないが、商業パートナーやメディア露出なども含め、チームがどちらかのドライバーに傾く要素は他にもある。

 とはいえ、チームを味方につける上で勝利は非常に重要だ。それは昨年のシンガポールGPを制したことでサインツJr.を中心にチームが団結したことからも明らかだった。

 結局のところ、2025年から2026年にかけて、フェラーリはサインツJr.が最良の選択肢であると分かっており、同様にサインツJr.もチームに残ることが彼のキャリアにおいて最良の選択肢であると分かっているはずだ。

 しかし交渉が長引くにつれて、契約をまとめるために両者が妥協を強いられることになるかもしれない。

フェラーリ、アルボン獲得の路線はある?

 ドライバーとチームの話し合いが暗礁に乗り上げた場合、ドライバー市場にある他の選択肢を理解することが重要だ。

 フェラーリのドライバーリストを覗き見るとしたら、ランド・ノリスがマクラーレン残留を決めたことで彼がサインツJr.の後任候補からしばらく外れることになった。

 フェラーリが2025年以降、優れた技術的ノウハウを持ち、ビッグチームのやり方を理解しているチームプレイヤーを求めているのであれば、リストに残るのはアルボンだ。

 昨年、イタリアではフェラーリは長期的な目線でアルボン獲得を目指しているとの憶測が流れたが、当時バスール代表はドライバー交渉について考えるのは時期尚早だとして、これを否定していた。

 アルボンは2025年に向けて契約交渉がオープンとなる。ウイリアムズでの日々を彼が気に入っているとしても、誰もが一度は憧れるフェラーリへの移籍話は断り難いモノだろう。

 昨年、アルボンはウイリアムズとの契約を急がず、ドライバー市場を注視したいと語っていた。

「自分自身をオープンにしておく自信はあると思う」とアルボンは言う。

「優勝争いや表彰台争いができるようなチャンスを得たい。最終的には、そういった年齢でこのチームをそういうチームに持っていけるかどうか次第だ」

 フェラーリがサインツJr.以外のドライバーを起用したとしても、サインツJr.のF1キャリアが終わりを告げる訳ではない。彼はこれまで、ザウバーをパートナーに2026年から新規参戦するアウディとの関係が噂されてきた。実の父であるカルロス・サインツSr.はアウディで2024年のダカールラリーを制しており、つながりもある。また、2026年からホンダとワークス体制を組むアストンマーティンというのも、サインツJr.にとっては良い選択肢だろう。

 しかしサインツJr.とフェラーリ双方にとって、袂を分かつよりも、同じ道を歩んだ方が成功に向けてより多くの保証を得られると言えるだろう。