先日開催されたIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の開幕戦デイトナ24時間レースでは、宮田莉朋がGTDクラスに参戦したことが話題となったが、同クラスにはもうひとり日本人ドライバーがエントリーしていた。ケイ・コッツォリーノだ。

 コッツォリーノはAFコルセ21号車のドライバーとして、フェラーリ296 GT3をドライブ。フェラーリのファクトリードライバーであるミゲル・モリーナらと共に24時間レースを戦った。21号車のフェラーリは僅差でウィンワード・レーシングのメルセデスAMG GT3に敗れたものの、クラス2位を獲得した。

 昨シーズンのコッツォリーノは、WEC(世界選手権)にスポット参戦。ケッセル・レーシングから参戦した後、終盤2戦はAFコルセで走った。その2戦でチームメイトだったサイモン・マンとフランソワ・ヘリアウとは、今回のデイトナでもチームメイトとして共に戦った。

 GTDクラスでのフェラーリ最上位となる2位に貢献したコッツォリーノはレース後次のように語り、アメリカでのレース、特にIMSAでキャリアを積みたいという意思があることを明かした。

「初めてのデイトナで表彰台に上がれてとても嬉しいですし、(GTDクラスの)フェラーリで一番になれたことも誇りに思います」

「正直、僕はこういうタイプのレースが好きです。フルコースイエローの間、(リスタートに向けて)マシンがパックになっていくところとかが好きなんです」

「リスタートの度にドッグファイトが展開されますし、ハードにやり合う中でもフェアなレースをしていて、ドライバー全員がお互いをリスペクトしてスペースをあけています」

「それは僕の期待以上でした。とても気に入りました。ドライバーたちのプロフェッショナルさをひしひしと感じましたし、ここでキャリアを積みたいですね」

 今季のコッツォリーノは、PONOS RACINGからスーパーGTのGT300クラスにフル参戦することが決まっている。車両はデイトナと同じくフェラーリ296 GT3で、チームメイトはフェラーリから派遣される若手女性ドライバー、リルー・ワドゥーだ。

 IMSAのエンデュランス・カップとスーパーGTの日程を見ると、デイトナの次に開催される3月のセブリング戦は岡山公式テストと、9月のインディアナポリス戦はSUGO戦と重複している。しかしながら、6月のワトキンスグレン戦と10月のロード・アトランタ戦にはスケジュール上参戦が可能だ。

 これらのレースにAFコルセから参戦する可能性はあるのかと問うと、コッツォリーノは次のように答えた。

「どうでしょうね? ある意味で、今回のレースは自分がどれほどのパフォーマンスを発揮できるかを確認するためのテストでした」

「ギリギリでのオファーでしたが、ここに来られて嬉しいです。AFコルセには(今年の他のレースでの起用を)検討してほしいと伝えてあるので、あとはボスの判断次第ですね!」