2024年シーズンのF1開幕に先駆けて、F1ファンなら知っておきたい7つのことを紹介する。

 2023年はレッドブル・レーシングとマックス・フェルスタッペンが圧倒的な強さを見せた一方で、シーズン序盤はアストンマーティンが勢いを見せ、マクラーレンやフェラーリなどの数チームがシーズン終盤にかけてパフォーマンスを改善した。そんな1年だった。

 2024年に向けて、いくつかの変更点がある。まず、ザウバーF1のネーミングライツを持っていたアルファロメオがチームから離れ、アウディワークス体制へ移行する2026年までの2年間は“ステークF1”としてグリッドに並ぶこととなった。

 レッドブル・レーシングの姉妹チームであるスクーデリア・アルファタウリも2024年シーズンに向けて、”ビザ・キャッシュアップRB”と装いを新たにする。

 新たなシーズンに向けた大きな変更点はあまりないが、F1カレンダーは史上最多となる24戦を予定している。

 シーズン開幕を前に知っておきたい全てをまとめてみた。

1. 2024年F1ドライバーラインアップ

オラクル・レッドブル・レーシング:マックス・フェルスタッペン、セルジオ・ペレス

メルセデスAMG・ペトロナス・F1チーム:ジョージ・ラッセル、ルイス・ハミルトン

スクーデリア・フェラーリ:シャルル・ルクレール、カルロス・サインツJr.

マクラーレン・F1チーム:オスカー・ピアストリ、ランド・ノリス

アストンマーティン・アラムコ・F1チーム:ランス・ストロール、フェルナンド・アロンソ

BWTアルピーヌ・F1チーム:エステバン・オコン、ピエール・ガスリー

ウイリアムズ・レーシング:アレクサンダー・アルボン、ローガン・サージェント

ビザ・キャッシュアップ・RB・F1チーム:ダニエル・リカルド、角田裕毅

ステーク・F1チーム:バルテリ・ボッタス、周冠宇

マネーグラム・ハース・F1チーム:ケビン・マグヌッセン、ニコ・ヒュルケンベルグ

 新シーズンに向けてドライバーラインアップに変更はないが、昨年までアルファタウリでチーム代表を務めたフランツ・トストが退任し、フェルスタッペンのパーソナルトレーナーにブラッドリー・スキャンズが就任するなど各チーム内部では小さな変更点もある。

 レッドブルのセルジオ・ペレスは2023年シーズン中盤のスランプから解雇も噂されたが、2024年シーズンのシートを保持。ただ、シーズン開幕後の結果次第では、ビザ・キャッシュアップRBのダニエル・リカルドにシートを奪われる可能性もあると噂されている。

 また、ウイリアムズは最後までドライバーラインアップが確定しなかったが、チームはローガン・サージェントにF1参戦2年目のチャンスを与えることにした。グリッドの顔ぶれは2023年シーズン後半から変わりはないが、2024年には多くのドライバーが契約更新の時期を迎える。シーズン中から移籍や昇格といった噂がパドックを騒がせることとなるだろう。

2. 2024年F1発表会日程

 10チーム全てが2024年シーズンのF1を戦う新車(もしくは新カラーリング)の発表日を公開している。もちろん見逃すことはできないイベントだが、プレシーズンテストや開幕戦までマシン本来の姿が見えてこない場合もある。発表会の日程は以下の通りだ。

■2023年F1新車発表日

マネーグラム・ハース・F1チーム:2月2日※

ウイリアムズ・レーシング:2月5日

ステーク・F1チーム:2月5日

BWTアルピーヌ・F1チーム:2月7日

ビザ・キャッシュアップ・RB・フォーミュラ・ワン・チーム:2月8日※

アストンマーチン・アラムコ・フォーミュラ・ワン・チーム:2月12日

スクーデリア・フェラーリ:2月13日

メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラ・ワン・チーム:2月14日

マクラーレン・フォーミュラ1・チーム:2月14日

オラクル・レッドブル・レーシング:2月15日

※カラーリング発表のみ

3. 2024年F1カレンダー

第1戦:バーレーンGP/バーレーン・インターナショナル・サーキット(2月29日〜3月2日)

第2戦:サウジアラビアGP/ジェッダ市街地サーキット(3月7日〜3月9日)

第3戦:オーストラリアGP/アルバート・パーク・サーキット(3月22日〜3月24日)

第4戦:日本GP/鈴鹿サーキット(4月5日〜4月7日)

第5戦:中国GP/上海インターナショナルサーキット(4月19日〜4月21日)

第6戦:マイアミGP/マイアミ・インターナショナル・オートドローム(5月3日〜5月5日)

第7戦:エミリア・ロマーニャGP/イモラ・サーキット(5月17日〜5月19日)

第8戦:モナコGP/モンテカルロ市街地コース(5月24日〜5月26日)

第9戦:カナダGP/ジル・ビルヌーブ・サーキット(6月7日〜6月9日)

第10戦:スペインGP/カタルーニャ・サーキット(6月21日〜6月23日)

第11戦:オーストリアGP/レッドブルリンク(6月28日〜6月30日)

第12戦:イギリスGP/シルバーストン・サーキット(7月5日〜7月7日)

第13戦:ハンガリーGP/ハンガロリンク(7月19日〜7月21日)

第14戦:ベルギーGP/スパ・フランコルシャン(7月26日〜7月28日)

サマーブレイク

第15戦:オランダGP/ザントフールト・サーキット(8月23日〜8月25日)

第16戦:イタリアGP/モンツァ・サーキット(8月30日〜9月1日)

第17戦:アゼルバイジャンGP/バクー市街地サーキット(9月13日〜9月15日)

第18戦:シンガポールGP/マリーナ・ベイ市街地サーキット(9月20日〜9月22日)

第19戦:アメリカGP/サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(10月28日〜10月20日)

第20戦:メキシコシティGP/エルマノス・ロドリゲス・サーキット(10月25日〜10月27日)

第21戦:サンパウロGP/インテルラゴス・サーキット(11月1日〜11月3日)

第22戦:ラスベガスGP/ラスベガス市街地サーキット(11月21日〜11月23日)

第23戦:カタールGP/ロサイル・インターナショナル・サーキット(11月29日〜12月1日)

第24戦:アブダビGP/ヤス・マリーナ・サーキット(12月6日〜12月8日)

 2024年のF1は2月29日にバーレーンで開幕し、史上最多の24戦が世界各地で開催される。FIAはシリーズを持続可能なモノとすべく、日本GPの開催時期を従来の秋から春に変更して前後のグランプリをアジア・オセアニア地域で固めるなど、カレンダー内での地域集約化を進めている。

 中国GPはCOVID-19の影響により過去4年間は中止されていたが、2024年からF1カレンダーに復帰。カタールGPがシーズンのより遅い時期に移動されたことで、2023年にドライバーたちが悩まされた暑さの問題が解消されるだけでなく、最終戦アブダビGPへのマシンや機材の輸送も容易になる。

4. F1プレシーズンテストはどこで行なわれる?

 2024年シーズン開幕から1週間前の2月21日から、プレシーズンテストがバーレーンで開始される。2024年のプレシーズンテストは計3日間の日程だ。

 またFIAは、2024年のプレシーズンテストが3日とも午前10時から午後7時まで実施されることを明かした。午後7時30分まで行なわれていた2023年から多少セッション時間が削減されることとなった。

5. 2024年のF1レギュレーション変更点は?

 FIAは2024年シーズンに向けて、旧車テスト(TPC)に関するレギュレーションを一部変更し、走行するマシンで使用するコンポーネントは実際にレース週末で過去に使用されたモノでなければならないと規定した。

 F1スポーティングレギュレーションの第10.2条 C)が改訂され、以下のように記載された。

「車両は、選手権シーズンの少なくとも1回のイベントもしくは現行車両テスト(TCC)で使用された仕様のコンポーネントとソフトウェアのみを使用する必要がある」

 このレギュレーション変更により、チームは古いマシンに新しいコンポーネントを装着してTPCを実施することができなくなる。

 なお、フィルミングデーで各チームに許された走行距離はこれまで100kmに制限されていたが、2024年は合計200kmを走ることができる。

6. F1スプリントに変更はある?

 F1では2024年シーズンに向けて、F1スプリントのフォーマット変更を行なう方向で話し合いがされている。週末のタイムテーブルが全面的に見直されるか、リバースグリッド方式が導入される可能性があるようだ。

 6回のF1スプリントが開催された2023年シーズンを前にも、フォーマットにいくつかの変更が行なわれ、土曜日にスプリントイベントが集約されることとなった。ただ、これによって決勝レースに向けた週末の流れが分断され、決勝用の予選が行なわれる金曜日午後の時点からパルクフェルメルールが適用されることとなった。

 F1とチームの間での話し合いの中では、決勝用の予選を土曜日午後に戻し、その午前中にF1スプリントを行ない、スプリントのグリッドを決めるスプリント・シュートアウトはFP1に続く金曜日の午後に実施するという案も出ている。改善案では、F1スプリントの後に一度パルクフェルメルールが解かれ、決勝用の予選を前に必要な変更をマシンに加えることができるようになるようだ。

 変更においてチームやチーム代表の支持は得られているものの、合意には至っておらず、FIAとのさらなる話し合いが進められている。