2月1日、フェラーリは2025年から複数年契約でルイス・ハミルトンがチームへ加入することが決まったと発表。7度のF1チャンピオンがメルセデスを離れるという知らせは驚きをもって迎えられた。

 当初メルセデスは2025年までハミルトンが残ると見られていたため、今回の離脱によって彼らはドライバーラインアップを再考する必要に迫られている。

 ではメルセデスに残っている選択肢はどんなモノがあるのか? 改めて確認してみよう。

 まず、メルセデスにとって今回のハミルトン離脱はあまり良い時期には起こらなかったといえる。ハミルトンの移籍がもっと早く決まっていれば、より多くの選択肢があったかもしれないためだ。

 最近、F1ドライバー市場の動きとしてはシャルル・ルクレールがフェラーリと契約延長したばかり。さらにマックス・フェルスタッペンもレッドブルとがっちりと契約を結んでいるため、メルセデスが2025年以降に選ぶことのできる実績のあるドライバーはそれほど多くないのだ。

 メルセデスが目をつけていたであろうマクラーレンのランド・ノリスとオスカー・ピアストリも、既に両名とも契約を延長済み。ここでも選択肢が潰れていることになる。

 それでは、他のドライバーはどうか?

 まず考えられるのはメルセデスの育成ドライバーであるアンドレア・キミ・アントネッリ(17歳)だ。メルセデスの秘蔵っ子として知られる彼は、2023年にフォーミュラ・リージョナル・ヨーロッパを制し、2024年はF3を飛び越えてプレマからF1直下のカテゴリーであるF2に参戦する。

 それだけにアントネッリは注目のドライバーとなっているが、実際に2025年にF1昇格があるかはわからない。過去にはキミ・ライコネンやマックス・フェルスタッペンのように非常に若くしてF1に挑み成功してきた前例はあるが、シングルシーターで競い始めて3年のアントネッリを昇格させるというのは空想的ですらあり、メルセデスのこれまでの若手ドライバーへのポリシーともそぐわないだろう。

 現在メルセデスで走っているジョージ・ラッセルも、F2タイトル獲得後はウイリアムズで3年間経験を積んだ。アントネッリも同様で、F2ですぐに結果を出したとしてもラッセルのような動きをとることが長期的なキャリアにとってはプラスとなる可能性がある。

 では、アントネッリの準備が整うまでの間の”つなぎ”となりうるドライバーは誰になるのか? 近年評価が上昇していて可能性があるドライバーのひとりはアレクサンダー・アルボンだろう。

■候補はアルボン、オコン、アロンソ?

 レッドブルで厳しいシーズンを送りシートを失ったアルボンだが、ウイリアムズではチームの立ち直りにおける重要な役割を担っている。2023年もチームの総獲得ポイント28のうち、23を稼ぎ出していて、彼の評価は非常に高いものとなった。

 またアルボンとラッセルが長年育んできた友情も、理論上はメルセデスにとって調和のとれた組み合わせとする上で役立つはずだ。なおアルボンは昨年、motorsport.comに契約について次のように語っていた。

「自分をオープンに保つ自信はあるよ」

「正直に言うと、僕はこのチームを見ていたいとおもっているし、チームを前進させる一員でいたいと思っている。僕は契約が満了するまでこのチームに完全にコミットするつもりだ」

「だけど僕も27歳になっていて、キャリアの円熟期にあると感じている。来年は28になるし、すぐに29歳、30歳となっていく」

「勝利や表彰台を目指して戦えるチャンスを僕自身に与えたいと思っている。結局のところ、その時その時にそのチームにいられるかということだ」

 そして、また別の選択肢はハミルトンのフェラーリ加入でシートを失うことになったカルロス・サインツJr.そのひとだ。

 2021年にフェラーリに加入したサインツJr.は、2022年のイギリスGPで悲願の初優勝を記録。レッドブルが22戦中21勝を記録した2023年シーズンも、シンガポールGPで勝利を飾り、ルクレールと互角のポイントでシーズンを終えている。

 恐らくメルセデスはハミルトンとの“交換”について、今後話し合いを行なうことになるだろう。

 さらに可能性はこれらと比べると低いものの、考えられる3番目の選択肢がエステバン・オコンだ。

 オコンはメルセデス育成ドライバーとしてキャリアを積んできたが、彼らはシートを用意することができずオコンをアルピーヌへと解放しなくてはならなかった。

 現在のメルセデス内でオコンの評価がどれほど高いかは、完全には明らかではない。ただアルボンと同世代で、2021年のハンガリーGPで優勝も飾っているオコンはメルセデスにとって、少なくともアントネッリの準備が整うまでは魅力となりうる”若さと経験”の融合を持ち合わせている存在だ。

 そしてもうひとり、メルセデスにとって魅力的なドライバーとなりうるのがフェルナンド・アロンソだ。2度のF1チャンピオンであるアロンソは、アストンマーティンで2023年に8度表彰台を獲得。全くその能力が失われていないことを証明している。

 2025年にアロンソは43歳となるが、世界チャンピオンをまた別の世界チャンピオンで置き換えるというのは、メルセデスにとっても魅力的な選択肢となる可能性がある。

 しかしハミルトンがメルセデスを離れると言う決断は、F1の契約が見た目ほどには完璧ではないことを示しているとはっきりと思い出させるものだった。そのため、メルセデスがビッグネームを誘惑し、移籍の次なるショックを引き起こす方法を探し出すことも、あり得るかもしれない。