ハースF1チームは、2024年シーズンを戦うマシンであるVF-24のレンダリング画像を公開。マシンカラーリングを明らかにした。

 例年、新シーズンに向けたマシンのカラーリング画像をライバルに先駆けて発表するのが通例となっているハース。今季はマクラーレンに次いでカラーリングを発表したチームとなった。

 発表されたカラーリングは、2023年のマシンであるVF-23と比較して大幅に変わっているわけではない。黒と白、そして赤を使ったカラーリングの主な変更点はノーズ上部だ。

 昨年は白だったノーズ上部は黒が主体となっており、VF-24はよりダークな印象となっている。

 また発表されたマシンに注目すると、ダウンウォッシュ型のサイドポンツーンの形状や、インダクションポッドの形状などが昨年のVF-23とは異なっている。ただ実際のマシンにこうした特徴がどこまで反映されるかは、実車が走行するまでは分からない。

 昨シーズン、ランキング最下位に終わったハースF1は、創設以来チーム代表を務め続けてきたギュンター・シュタイナーを更迭。今季から小松礼雄が新たにチーム代表を務めることになった。

 ドライバーラインアップは変わらず、ニコ・ヒュルケンベルグとケビン・マグヌッセンのベテランコンビとなっている。

 新体制で浮上を目指すハースは、2月21日からバーレーンで始まる3日間のプレシーズンテストまでに、フィルミングデーを利用してシェイクダウンを2回実施する予定だ。これにより、準備をより整えてプレシーズンテストに臨むことができるはずだ。

 今回発表されたのはあくまでカラーリングのみ。その実車がどんなマシンに仕上がっているのかは、2月11日にシルバーストンで行なわれる最初のシェイクダウンで見えてくるかもしれない。

 ハースF1チームのオーナー兼会長であるジーン・ハースは次のように語った。

「VF-24が走り、レースをするのを楽しみにしている。この思いは、パートナーたち、そしてチーム全体と共有している」

「また、ニコ・ヒュルケンベルグとケビン・マグヌッセンという素晴らしいドライバーのペアがステアリングを握っていることもわかっている。彼らの経験は、1年を通してプログラムを発展させていく上で貴重なものとなるだろう」

「オフシーズンを使って、より良い状態になるためのプロセスを整え、最終的には全体的なパフォーマンスを向上させることができた。まもなく、我々がどのような成果を上げているかがわかるだろう」