2月2日、ハースF1チームはニューマシン『VF-24』のマシンカラーリングを発表した。これに際し、今季からチームを率いる小松礼雄代表もコメントを寄せ、来たる2024年シーズンに向けた展望を語った。

 2023年はコンストラクターズランキング最下位に終わったハースにとって、オフシーズンの最大のニュースはチーム代表の交代であった。発足当初からチームを率いた前任のギュンター・シュタイナーは解任される形となり、エンジニアリングディレクターだった小松が新代表に就任したのだ。

 昨年はエアロダイナミクスに起因するレース中のタイヤマネジメントの問題に苦戦し、結果を残すことができなかったハース。小松代表も、チームが今季開幕からいきなり躍進を遂げるとは考えていない。あくまで現実的な見通しを立てており、アップデートを通して着実に歩を進める構えだ。

 というのも小松代表曰く、ハースは2023年シーズン終盤にアップデートパッケージを投入したことによって、VF-24の開発に十分なリソースを割くことができなかったという。加えて昨年のオースティンから取り入れられたそのパッケージは、パフォーマンス向上や問題解決に繋げることができなかったのだ。

 カラーリング発表に際し、小松代表は次のようにコメント語った。

「F1シーズンにおいてカラーリングを発表するというのはエキサイティングな瞬間です」

「(開幕前テストと開幕戦が行なわれる)バーレーンでは、我々は最後尾ではないにしても、依然としてグリッドの後方となるでしょう」

「バーレーンでのローンチ仕様のマシンが十分な速さを発揮できない理由は、ここにいるスタッフのクオリティのせいではなく、(昨年の)オースティンでのアップデートのために(開発の)スタートが遅れてしまったからです」

「そこにリソースが割かれたので我々は時間をロスしましたが、チームは風洞で良い結果を得ており、特性の面でもポジティブです。正しい方向に進んでいると思います」

「ここから集中するのは、バーレーンで良いテストプログラムをこなすことです。そうすれば、マシンの方向性について理解するための質の高いデータを得ることができます」

「つまりそれは、VF-24の長所と短所を正確に理解し、一貫した計画の下でアップデートを行なうことに繋がります。これは以前にはなかったことです」