メルセデスのジョージ・ラッセルは2023年シーズンを振り返り、F1キャリアの中で「精神的に最もタフ」だったと語る。ただ、彼は自身が昨年犯したミスをポジティブなものと捉えており、来る2024年シーズンの改善に向けた糧になると考えている。

 このような物言いは典型的な虚栄に聞こえるかもしれない。ただ、厳しい1年を過ごしたアスリートにとってこういったアプローチが心理的な後押しになることも、スポーツ界では以前から当然のことだった。

 2023年シーズンの最終戦アブダビGPでmotorsport.comを含む一部メディアのインタビューに応じたラッセルは「おそらく心理的にこれまでで最もタフなシーズンだった」と振り返り、改善に向けて「逃したチャンスからやり返す」と語った。

 ラッセルの2023年シーズンを振り返ると、カナダGPとシンガポールGPでクラッシュを喫し、モナコGPではレース終盤にコースオフ、ラスベガスGPではレッドブルのマックス・フェルスタッペンと接触と、精彩を欠くことも多かった。その一方ラッセルは、最終戦アブダビGPで体調不良と戦いながら、レッドブルのセルジオ・ペレスのペナルティもあり、3位表彰台を獲得する活躍も見せた。

 メルセデスが2024年シーズンに向けた準備を進める中、「こういう時こそ自分をプッシュするんだ」とラッセルは語った。

「アクセルを戻して限界から1%引いたところで快適にドライビングをすれば、今ここに座って『ひとつもミスをしない』と言えるかもしれない」

「(2017年のGP3と翌年のFIA F2で)チャンピオンを獲得した時は、おそらく今ほど自分を追い込んでいなかった」

「僕は意図的に自分自身をさらに限界の先まで追い込んでいるし、予選でチームメイトと同等になるとか、そういうことでは満足できない。(2022年と同様に)僕らはシーズンを通して互角だった」

「僕は前にいたいんだ。そのために自分を追い込んでいる。ひょっとすると、それが2〜3回のミスを招いた小さな原因なのかもね」

 ラッセルは「このようなシーズンを振り返ることで成長できる」と感じているものの、最終的には「(2023年が)チャンピオン争いができるシーズンではなかったことに感謝している」と言う。

 メルセデスは現行レギュレーションが導入された2022年からマシン開発の面で後手に回り、2023年も前年のW13からW14に引き継がれたマシンコンセプトと、その気難しいマシン特性に頭を悩ませる1年となった。

 ラッセルとしてもマシンの面で足を引っ張られるシーズンとなったものの、ドライバーの面で改善できる部分は大きいとして「新シーズンは全く新しいモノになると確信している」とも語った。

「こういう1年で、安定したシーズンやタイトルを獲得した他のシーズン全てが無くなる訳じゃない」

「再び良いリズムを取り戻すのにそれほど時間はかからないだろう」

 ラッセルはそう語る一方で、2023年シーズンは順調なスタートを切っていた。序盤のオーストラリアGPやマイアミGPでは素晴らしい走りを見せ、スペインGPまではチームメイトのルイス・ハミルトンに対して4勝2敗という成績を残していた。

 スペインGPでメルセデスは昨年唯一のダブル表彰台を記録。ハミルトンがその後も順調に表彰台獲得を続ける一方で、ラッセルはスペインGP以降、最終戦まで表彰台が無かった。

 メルセデスにとっては、ラッセルが2023年の挫折から立ち直ることが今後に向けてより重要になる。2013年の加入以来メルセデスと共にF1で一時代を築いたハミルトンが2024年限りでチームを離れ、フェラーリへ移籍するのだ。

 そのため、メルセデスがアストンマーティンからフェルナンド・アロンソを引き抜くなど大胆な起用をしない限り、ラッセルが事実上ナンバーワンドライバーとなるだろう。

 ハミルトンと入れ替わりでカルロス・サインツJr.がフェラーリから移籍してきたり、ウイリアムズで活躍するアレクサンダー・アルボンが加入したり、はたまた今年FIA F2に参戦する育成ドライバーのアンドレア・キミ・アントネッリがスピード昇格を果たしたとしても、ラッセルはメルセデスチームの動き方やマシンの傾向を熟知しており、実質的にチームを率いることになる。

 メルセデスのトト・ウルフ代表も、2025年以降はラッセルがチームリーダーとなる可能性が高いと示唆している。

「ジョージはチームの次期リードドライバーになる可能性を秘めている。ルイスが去った後に新たなチームリーダーを望むことはできない。それは間違いないよ」

「これだけ強固な基盤があり、マシンには速くて才能があり、知的な男が乗っているのだ。後はセカンドドライバー、セカンドシートにふさわしい人選をするだけだ」

 2022年シーズンはチームに唯一の勝利を届けた一方で、2023年はドライバーズランキングでハミルトンに5ポジション差もつけられてしまった原因は? そしてどのようにこの挫折から立ち直ろうと考えているか? とラッセルに尋ねると彼は次のように答えた。

「僕らはみんな、勝利に向け戦うためここにいる」

「それはメルセデスで働く2000人だけでなく、フェラーリやマクラーレン、このグリッドで働く全ての人たちが勝利のために戦っている」

「そしてF1の悲しい現実だけど、その夢を叶えられるのは1チームだけだ。多くの場合、上手くいく時は上手くいくもので、流れを変えて追い上げるのは本当に難しい」

「もちろん、(2023年にも)より多くのことを成し遂げたかった。未勝利だけど僕はシーズン中に7〜8回は表彰台に登れていたはずだった」

「(インタビュー時点では)でも1回しか表彰台に登れていない。自分自身のミスがいくつかあったことで僕は失望している」

「でも後手に回っている時は、全てが自分に不利に働くことが多いと思う。でもマシンが飛ぶように速い時は、全てが自分を味方する。あるひとつのことに取り組む必要があるのは明らかだ」

「でも僕はポジティブに考えている。フェルナンドを見ていると少なくとも僕に15年は残されていると感じる。マックスの例を見てみると、タイトル争いをするまでに7年の下積みがあったと思う」

「悔しいけど僕らの時が訪れるのを待つ必要がある。ただ、シャルル(ルクレール/フェラーリ)やランド(ノリス/マクラーレン)のような素晴らしいドライバーが同じようなポジションにいる」

「3〜4年前はマックスも同じ状況だった、だからあまり苦には思っていないんだ。もちろん、僕の運勢が変わることを願っているけど、僕の時代は必ず来るよ」