F1新規参戦を目指すアンドレッティへのカスタマーパワーユニット(PU)供給についてルノーは、アンドレッティの参戦が決定するまでは契約交渉を再開しないと明かした。

 ルノーは当初、アンドレッティとPU供給の事前契約を結んでいたものの、その契約は昨年失効。アンドレッティはFIAからは新規参戦計画の承認を得たものの、F1の商業権を握るフォーミュラ・ワン・マネジメント(FOM)には、2025年の新規参戦計画を却下されてしまった。

 アンドレッティは2026年からの参戦する計画に焦点を移しているが、ルノー側とは現時点で正式な取り決めはない。

 アンドレッティはF1参戦に向けてゼネラルモーターズ(GM)傘下のキャデラックとパートナーシップを結んでおり、既にキャデラックは2028年からのPU製造者登録を済ませている。この年からアンドレッティがワークスPU供給を受ける可能性が高いが、そこまでの2年間は既存PUメーカーからカスタマー供給を受けることを希望している。

 F1スポーティングレギュレーションでは、チームがPU契約を持っていない場合には、最も供給チーム数が少ないPUメーカーが供給を請け負うことと規定されており、2026年以降ではアストンマーティンへ供給を行なうホンダとアルピーヌへ供給を行なうルノーの2社がこれに該当する。

 しかしルノー側は、アンドレッティが正式参戦を決めるまでは、この件について話し合う意味はないと明言している。

 motorsport.comがアンドレッティへのカスタマーPU供給についてアルピーヌのブルーノ・ファミン副代表に2024年の新車発表会で尋ねると、彼は次のように答えた。

「我々は事前契約を結んでいたが、その後は何もなかった」

「ただ、それはアンドレッティの今回のエントリー(条件)に関係していた。当分の間、彼らは参戦してこない」

「2028年についてFOMが言っていたことは私も読んだ。今後どうなっていくのかを見てみたいと思う」

 また、ここ数週間で話し合いは再開されたのか? と尋ねるとファミン副代表はこう答えた。

「FOMが回答してからはない。私は全く議論していない」

 FOMはアンドレッティの2025年からのF1新規参戦を認めない理由としていくつかの要点を挙げたが、アルピーヌとしては「11番目のチームがF1に付加価値をもたらすか次第」というスタンスを貫いている。

「もし彼らがチャンピオンシップに真の付加価値をもたらしてくれるのであれば、F1に11番目のチームが加わることは非常に喜ばしいことだ」

「そのプロジェクトの付加価値を評価するのはFOMだ。彼らが分析を行ない、回答をする。彼らが決定者で、我々はそれに満足している」

「ただ、これはケースバイケースだと思う。一般的なポジションがある訳ではない。F1がいつか、11番目のチームがチャンピオンシップに多くの付加価値をもたらすことができると言うのなら、我々はそれでとても満足するはずだ」