アルピーヌのエステバン・オコンは、メルセデスとは「強い繋がり」を維持しているとして、自身がルイス・ハミルトンの後任候補のひとりであることを示唆した。

 オコンは2024年末で一旦アルピーヌとの契約が満了を迎える。彼は2015年にGP3(現FIA F3)のタイトルを獲得した際にメルセデスのジュニアドライバープログラムに加入しており、メルセデスのトト・ウルフ代表との関係から、2025年からフェラーリへ移籍するハミルトンの後任候補と見られている。

 この憶測に初めて言及したオコンは、現在所属するアルピーヌに対して「100%専念する」と強調しつつも、メルセデスとは常に“強い繋がり”を保っていると語った。

 2月7日、イギリス・エンストンで行なわれたアルピーヌA524の発表会で、オコンは次のように語った。

「僕は常にメルセデスと強い繋がりを持っている。僕はまだ、メルセデスのジュニアドライバーだ」

「僕が“ジュニア”じゃなくても、ずっとそうだった。ある段階で彼らとはまだ契約しているんだ。そういうものなんだ。いずれ分かるよ」

「現時点ではアルピーヌに100%専念している。それが僕の焦点だ」

「サーキットでは常に良い仕事をしなければならない。F1では契約があるかどうかは関係なくて、毎年が重要だ。パフォーマンスを発揮できなければ、F1を離れることになりかねない。そういう仕組みなんだ」

「すごいことをやってのければ、常に話題や噂が持ち上がり、良いことが起こる。話題になっている限りは、コース上で良い仕事ができているということだ」

 またオコンは、ハミルトンのフェラーリ移籍が発表されたタイミングについて「誰もが驚いた」と振り返った。

「ルイスのニュースは、間違いなくみんなを驚かせたと思う」とオコンは言う。

「この冬にこんなことが起こるとは、誰も予想していなかった。いつもは穏やかな時期なのに、この冬は穏やかとは思えなかったからね」

 一方でオコンは、チーム上層部の大幅な交代があった昨年の夏からアルピーヌは落ち着きを取り戻しているとして、チームの安定性がコース上のパフォーマンスへ繋がることを期待している。

「継続性があるのはとても良いことだ」とオコンは言う。

「仕事を続け、細かいことをやり続ける。新しいチーム、新しい人と仕事をすれば学ぶべきことが沢山あるから、結局はそれがとても重要なんだ」

「他(チーム)に多少の混乱があったとしても、僕らはそれを受け止める。でも他のことには集中したくはない。自分たちの方を完璧にやる必要があるし、そうすれば結果もついてくるはずだ」