ビザ・キャッシュアップRBとして生まれ変わった昨年までのスクーデリア・アルファタウリ。2月8日(木)にはアメリカ・ラスベガスで2024年のF1を戦う新車“VCARB 01”を発表した。ドライバーを務めるダニエル・リカルドは、強化されたチームに対してライバルチームが警戒を強めていると考えている。

 2024年のビザ・キャッシュアップRBのドライバーラインアップは、ベテランのリカルドと、F1参戦4年目を迎える角田裕毅のふたり。スクーデリア・トロロッソ時代も含めて、最も経験豊富な布陣となる。

 これまでチームは、兄貴分のレッドブル・レーシングへ将来有望な若手F1ドライバーを送るための”育成施設”としての側面が強かった。2024年以降はそうした要素も残しつつも、タイトルスポンサー2社の獲得によってビザ・キャッシュアップRBがより独立した存在になるだろうとリカルドは語った。

「僕がどう考えているかと言うと、外部の人たちや他チーム、あるいはただのレッドブルのジュニアチームのように思っている人たちに、僕らをもっと真剣に捉えてもらうキッカケになるということだ」

 リカルドはビザ・キャッシュアップRBについてそう語った。

「重要なパートナーがチームに加わり、この1年は自分たちの足で立っていると感じることができる年になると思う。それはチームとしてかなり有益なことだと思う」

「体制としてもかなり変わっている。新しいメンバーが沢山入ってきて、僕らが願う中盤争いの先頭で戦える土台のようなモノを作ろうとしているんだ」

 またリカルドは、後期のトロロッソ時代を彷彿とさせる2024年マシンのカラーリングが気に入っているという。

「僕が見た限りでは、クールだね」とリカルドは言う。

「レーシングスーツとかそういうのも良いよね。カッコいいと思う。それにもちろんプレゼンテーションも良かったし、僕らにとっては大きなことだ」

「もちろん、パフォーマンスが最優先だし、サーキットでどうなるかは見てみないと分からない。でも(マシンカラーリングは)しっかりカッコいい路線でいっていると思うし、みんなが気に入ってくれるといいね」

 そして今年の目標について尋ねられたリカルドは、昨年のような山あり谷ありのシーズンではなく、様々なタイプのコースで一貫したパフォーマンスを発揮することが第一目標だと語った。

「僕らは中団グループの先頭で戦いたいんだ」とリカルドは言う。

「だからコンスタントに予選Q3へ進出し、変則的なレースだけじゃなく、コンスタントにトップ10に入ってポイントを獲り続ければ、(コンストラクターズランキング)6位だってありえる」

「一貫性があれば、自分がマシンを理解していて、チームもよく理解できているということの証明になる。それが上位との差を縮める助けになる。だから一貫性を保つことが、現時点で僕が目指していることなんだ」