ホンダのドライバー育成プログラム『ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)』は今季、4輪ではスーパーフォーミュラ・ライツ(SFライツ)、日本のFIA F4、そしてフランスF4に若手ドライバーを送り込む。その中で、国内トップカテゴリーへのステップアップに最も近い位置にいると言えるのが、B-Max Racing TeamからSFライツに参戦することになった小出峻だ。

 小出は鈴鹿サーキット・レーシングスクール(現ホンダ・レーシングスクール鈴鹿/HRS)を卒業後、2020年からFIA F4に参戦。3シーズン目の2022年にチャンピオンを獲得し、2023年はTODA RACINGからSFライツに、TEAM UPGARAGEからスーパーGTのGT300クラスに参戦した。

 その2023年、小出は両カテゴリーで存在感を発揮した。SFライツでは岡山ラウンドでの3連勝を含む4勝を挙げ、ルーキー最上位のランキング3位。GT300でも、ベテランの小林崇志と共にNSX GT3で2勝を記録し、ランキング5位となった。ただどちらのカテゴリーでもシリーズタイトルには惜しくも届かず、スーパーフォーミュラ、GT500といったトップカテゴリーへの昇格は叶わなかった。

 小出は現在24歳。同い年の太田格之進、木村偉織、大草りきらが次々とトップカテゴリーへの昇格を果たしている姿を見て、悔しさを感じないわけがない。ただSFライツでは昨年木村がチャンピオンを獲得したB-Max Racingに移籍することになり、同チームから昨年末に行なわれたスーパーフォーミュラ合同テストに参加するチャンスを得るなど、ホンダからの期待も感じられる。

 最近のホンダ陣営は非常に新陳代謝が激しい。スクールから優秀な若手が次々と輩出されるため、三宅淳詞や名取鉄平など、一定の結果を残しながらもホンダ育成から外されてしまうドライバーも少なくない。一方で実績やタイミングなどが噛み合った結果、トップカテゴリーまで一気に駆け上がった太田や木村のようなドライバーもいるが、そういった若手の台頭も一因となって、さらなる活躍の場を求めてトヨタ陣営に移籍する中堅ドライバーもいる……そんな状況だ。

 小出も、この2024年シーズンが自分にとって勝負の1年であることを自覚しており、当然ながらチャンピオン獲得を目標に掲げる。常に結果が求められ、「一寸先は闇」とも言える過酷な環境にも「プレッシャーや焦りのようなものがないわけではないですが、結果を残さないと残れないのはスポーツの世界では当たり前だと思うし、これがレース業界のあるべき姿」と力強く語る。

 ただ小出は、レースで速さを見せて結果を残す必要があることは大前提として、その内容や人間力も重要になってくると考えている。彼がその好例として目標としているのが、インディカードライバーでHRSのプリンシパル(校長)も務める佐藤琢磨だ。

 佐藤は衰え知らずのスピードはもちろんのこと、チームを動かしたりスポンサーを惹きつける人間的な訴求力が高いと言われる。インディカー参戦に関しても、ホンダが資金面で全面的なバックアップをしているというわけではない。佐藤が40代中盤を超えてもなおレースの第一線で活躍しているのは、上記のような側面も大きいという声もある。

「結果を残した者が上に行くことは必然だと思いますが、その内容もしっかり見てもらいたいと思っています」

 小出はそう語る。

「ドライバーとして今ある環境で結果を出さないといけないのは当然ですが、モノを使う競技なので、常にその環境が完璧とは限りません。その中でチームをどう動かすかとか、そういったものはこの先で一番必要になってくると思っています」

「というのも、僕が一番参考にしているのは佐藤琢磨さんです。もちろん速さも土台にあると思いますが、琢磨さんはチームがうまくいかない時もコミュニケーションをとってしっかりチームを底上げしていきます。ドライビング技術だけではない人間力が必要になると思いますし、単に速いドライバーではなくて、トータルの面で強いドライバーを僕は目指していきたいです」