2月上旬、フェラーリは2025年からルイス・ハミルトンがチームに加入することを発表。これによりカルロス・サインツJr.は現在のシートを失うことになった。

 フェラーリのフレデリック・バスール代表は、ハミルトンを引き抜かれた側であるメルセデスのトト・ウルフ代表への一報と比較しつつ、この事実を昨年唯一のレッドブル以外でのレースウィナーであるサインツJr.本人へ伝えることは「最も難しい」電話だったと振り返った。

 そしてバスール代表はサインツJr.について、放出が決まって明らかに落胆しているものの、フェラーリのために全力を尽くし、チームもそれに応えるだろうと予想した。

 サインツJr.に悪い知らせを伝えた時のことについて訊かれたバスール代表は次のように語った。

「想像できると思うが、私の人生で最も簡単な電話とはならなかった。最も難しい電話のひとつだった。トトとのこともあるしね!」

「しかし彼は非常にプロフェッショナルなドライバーであり、この先に長いシーズンが待っていること、大きなチャンスがあることを理解していると確信している」

「そしてこういう状況にいること、チームが彼を支えていることも夢みたいに思う。我々は長い間話し合いを続けていて、想像できるように、私はカルロスを全面的にサポートするつもりだ。彼は全力を尽くしているし、一緒に仕事をしなければならないことも分かっている。我々はプロなんだ」

 そしてバスール代表はサインツJr.について次のように続けた。

「カルロスはシーズンの最終ラップ、最終コーナーまで献身的に戦ってくれると確信しているし、チーム全員がモチベーションを高めて、これまで素晴らしい仕事をしてきてくれたカルロスを全面的にサポートしてくれると確信している」

「今我々は2024年に集中することが重要だ。我々には良いチャンスがあり、プロジェクトに懸命に取り組んでいる。気を散らすようなことはしたくない」

 2月13日(火)のフェラーリの2024年新車発表会で行なわれた取材会ではあまり時間が無かったこともあり、バスール代表はハミルトンについて多くを語ろうとはしなかった。しかしハミルトンの加入がフェラーリにとってどのような意味を持つのかという点については少しの言及があった。

「先週行なったルイスに関する発表については、チームにとって大きなチャンスがあることは間違いない」とバスール代表は言う。

「将来に向けて彼が大きな一歩を我々にもたらしてくれることは間違いないし、みんなにとって良いチャレンジになると思う」

「しかし我々は2024年に集中したい。気を散らすようなことは要らないんだ。我々がかなり早い段階で発表を行なったのもそういう理由だ。シーズンを通して2024年に集中することが重要だからね」

 またハミルトンにシートを譲ることがサインツJr.にとっては不公平だと思うか? と訊かれたバスール代表は次のように答えた。

「不公平? その言葉が適切かどうかは分からない。チームにとってルイスというチャンスはどんな状況でも検討しなければいけない。彼は最も経験豊富なドライバーのひとりで、我々に大きなチャンスをもたらしてくれるんだ」

「そこにカルロスは何も関係がない。カルロスは昨年、素晴らしい仕事をした。彼は今年も素晴らしい仕事をしてくれるはずだ。プロフェッショナルで個人的にとてもいい関係だ。それはそれとして、我々は未来に集中する必要がある」