レッドブルが2月15日に公開した2024年用のF1マシンRB20は、昨年型RB19から大きな変貌を遂げており、注目を集めている。そして第4戦日本GPに予定されている最初のアップデートで、RB20をゼロポッド化する計画があるようだ。

 昨年はRB19と共に22戦中21勝を挙げる圧倒的な強さを見せたレッドブル。その強さに、各チームはレッドブルが採用したアンチダイブを目的とするフロントサスペンションのレイアウトや、ダウンウォッシュ&インテーク下端が上端よりも前方に存在する受け口(アンダーバイト)スタイルのサイドポンツーンを2024年シーズンに向けて挙って採用してきた。

 しかしレッドブルは一歩先を行っていた。2月15日に発表したRB20は、アンダーバイトスタイルのサイドポンツーンを捨て、上端の方を前に配置。さらに縦長になったと言われるインテーク部分をひた隠しにしている。また、エンジンカウルには昨年のメルセデスが採用していた強烈な段差が設けられ、後方に向かう気流をコントロールしようとしている。

 しかしmotorsport.comの調べによれば、このデザインはプレシーズンテストと開幕戦バーレーン、そしてサウジアラビア、オーストラリアの開幕3戦だけで使う予定のモノであるという。そしてレッドブルは第4戦日本GPで大型のアップデートをRB20に投入し、昨年までメルセデスが使っていたゼロポッドを彷彿とさせるスタイルに大変貌を遂げることになるようだ。

 これは、レッドブルが開幕3戦は酷暑のコンディションになることを想定しており、比較的涼しいはずの4月上旬の日本以降は、ゼロポッドスタイルでも冷却性能を十分に確保できると想定しているためであると見られる。

 ゼロポッドはメルセデスが2022年に投入し、大いに注目を集めた。しかしその効果をうまく活かすことができず、2023年シーズン途中にはこれを捨て、レッドブルが先陣を切ったダウンウォッシュスタイルへと置き換えた。

 ゼロポッドは、グラウンドエフェクトカーのレギュレーション下では大きなダウンフォースを生み出すことができるとされている。ただこれは風洞実験という限られた条件下では確かにそうかもしれないが、実際のサーキットでは路面に凹凸がある上、風向きも変わる……最適なパフォーマンスウインドウに収めるのが難しかったようだ。

■空力開発制限を回避する”トリック”が活きる?

 レッドブルがゼロポッドを実現させる上では、昨年明らかになった風洞とCFD(計算流体力学)の制限を掻い潜る方法が後押しとなるだろう。

 レッドブルは昨年、前年コンストラクターズタイトルを獲得したこととに加え、2021年にコストキャップに違反したことで、厳しい風洞実験およびCFD制限を受けることになった。しかし「大気中に熱を排出するパワーユニット熱交換器の開発、またはパワーユニットの吸気ダクトを起点とする境界からのパワーユニットの作動のみを目的とした風洞試験」についてはこの制限の例外とされており、これがゼロポッド開発への後押しとなったと見られる。

 RB20の発表イベントで、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は次のように語った。

「理論的には、レギュレーションが安定しているため(マシンデザインは)収束することになるだろう。他のマシンも、RB19から影響を受けていることが分かる」

「チームはRB20に関して、素晴らしい仕事をしたと思う。彼らは現状に満足しておらず、マシンの限界を押し広げている」

「常に変化を求めている。マシンの細部へのこだわりを見ると、本当に精巧なディテールがいくつかある。彼らは決して満足することなく進化を続け、限界を押し広げてきた」

「このマシンにも革新があり、今後数週間にわたってそれが精査されることは間違いない。チームの想像力は強力だったと思う。これは保守的な進化ではない」

 またエンジンカウルが、昨年のメルセデスのようになったことについて尋ねられたホーナー代表は、さらに次のように語った。

「戦略的な決定ではない。パフォーマンス、そしてシミュレーションツールを通じて得られた結果に基づいているんだ」